節約

携帯電話のプランを見直してみよう(特に高齢者)

私は数年前からdocomoのスマートフォンを使っているのだが、毎月平均10000円程かかっている。

少し前までは高いと思いつつも電話料金なんてこんなもんだろと思っていたのだが、他の人のブログ等を見ていると賢い人たちは私の3分の1くらいの金額で上手に使っていた。

simフリーとやらで安く使えるらしいのだが、私のようなおっさんにはよく分からなかった。そこまでハイテクな事はできないが、どうにか少しでも安くならないものかと思い携帯電話のプランを見直す事にした。

docomoショップに行けば最適なプランを教えてくれるのだが、1時間以上も待たされるし毎回新しい携帯をすすめられるのが嫌なので行きたくない。

携帯電話やインターネットでもdocomoIDがあれば変更できるらしいので少し触ってみたが、非常にややこしくて数十分触って諦めた。

悩んだ結果、電話でオペレーターの人に相談して最適なプランを教えてもらう事にした。

通話とデータ通信を見直して通話はカケホーダイというプランに、データ通信は全然使っていなかったのでデータSパックというものに変更した。

カケホーダイは2700円、データSパックは3500円(15年以上で-600円)、SPモード300円とその他で100円くらいで7000円程度になった。3000円程度しか変わっていないが、1年なら36000円と結構な節約になる。

それとSPモード決済とやらで毎月1000円くらい引き落とされていた。自分で何か有料のサービスに入った記憶はなかったのだが、オペレーターの人が言うには携帯を買う時に数個このような有料サービスに入る事で値段が安くなるとかで入っている人が多いとの事。

私は株式会社ナビタイムジャパンという会社のNAVITIME PRO(324円)、株式会社エムティーアイという会社のYomel.jp(324円)、 まっぷるガイドforweb(324円)という3つに入っていた。

携帯を買ってから4年くらいになるが一度も使った事がないのに毎月1000円程度も払っていたとは。明細を見ておくべきだったと後悔したが後の祭りだ。

私と同じような人が結構いるらしいので一度確認してみるといいだろう。

これからの携帯料金は毎月7000円程度になったが、他の会社のプランなら月2000円〜3000円くらいのものもあるらしい。私ももう少し勉強していずれはそちらに変わりたいものだ。

自分のプラン変更が終わった後、高齢の母親の分も見直す事にした。

母親は自分で契約して自分で料金を払っていたので私は毎月いくらくらい使っているのかを全く知らなかったのだが、聞いてみると毎月18000円程度払っているという事だった。

スマホではなく昔ながらのガラケーを使っているのに通話料だけでこれだけ払っているとは思ってもみなかった。

すぐに電話でプランを聞くとSプランに入っていたので(docomoショップで決めてくれたらしい)カケホーダイ(ガラケーは2200円)に変更してもらったので、これからはたくさん電話をしても3000円以内で済む。

カケホーダイは6月頃から始まったサービスのようだが、知らない人はまだまだ多い。特に高齢者は電話やインターネットにも疎いので自分がどのプランに入れば安く済ませる事ができるのかが分からない人も多いだろう。

ほとんど通話しない人は全く得をしないサービスだが、そこそこ電話をする人ならかなり料金が安くなる。事実カケホーダイ等の新プランがでてからドコモは数百億円利益が減ったらしい。今までどれだけぼったくっていた事やら。
ドコモ、「カケホーダイ」が裏目に - 社長も想定外の業績大幅ダウン|マイナビニュース

高齢者がいる家族の人は入っている携帯のプランを調べて適切なプランに変更してあげる事をおすすめする。

税金と同じで企業も儲からなくなるものを進んで教えてくれる事はまれだという事を改めて感じた。

通信料金がビックリするほど下がる本 (アスペクトムック)




(関連のある外部リンク)
カケホーダイ&パケあえる : 料金表 | 料金・割引 | NTTドコモ
| 節約 |

ヤフーショッピングホークス優勝キャンペーンで気をつける事

一時は破竹の勢いでパリーグを独走していた福岡ソフトバンクホークスだったが、あと少しで優勝というところで連敗に次ぐ連敗。オリックスも足並みを揃えるように負けたおかげで、今日の最終戦でホークスが勝てば優勝という事になり延長でサヨナラ勝ち。

どちらのファンでもない私にとって興味があるのは優勝の恩恵だったのだが、オリックスが勝っても保険が安くなるわけでもないし、何かリースを組むわけでもないので恩恵はなさそうだ。

一方ソフトバンクだが、携帯はドコモなので関係ないが少し前からよく使うようになったヤフーショッピング優勝キャンペーンをしている。

一店舗1000円以上購入し、2店舗 通常獲得ポイントの「2倍」3店舗 通常獲得ポイントの「5倍」4店舗 通常獲得ポイントの「8倍」5店舗 通常獲得ポイントの「11倍」6店舗以上 通常獲得ポイントの「14倍」と楽天のマラソン等よりかなり甘い条件でポイントがもらえる(ただし最大で10000ポイント・・・もっと増やせばいいのに)。

他にも全額キャッシュバックキャンペーンやそれぞれの店舗でポイントを別につけたり、通常価格より安く提供している(楽天の事件で二重価格が厳しくなったので大幅に値下げしたように見せかけるのは少なくなったようだ)。

中には81円とかあほみたいな値段で売っている物もあるが、あれは楽天のセールの時と同じでほぼ100%買えない客寄せ商品だ。もし本当に売っていたとしても転売屋しか得しないような商品をなぜだすのだろう・・・。買えない客が不満を持つだけなのに。

そういう商品は端から見に行きもしないので関係ないが、買い回りだけでも十分得なので最低6店舗は買い回ろうと思っている。

さて購入時の注意点だが、キャンペーンだからといって安いとは限らない、偽物等を販売していたり商品を送らないような悪質な店舗に注意するの2点は最低でも覚えておきたい。

楽天優勝セールの時も大して安くもない商品がたくさんセール価格と表示してでていたが、セールの熱気でそんな商品でも売り切れ続出の状態だった。

本当にその商品が安いかどうかを見分ける一番の方法はやはり比較する事だ。型番や名前で検索してみれば楽天やアマゾン、価格ドットコム等で比べる事ができる。

面倒でもひとつずつ値段を比較し、ポイントや送料等も合わせて考えればいい買い物ができるだろう(今時定価で販売している商品ほとんどないので定価は全くあてにならないので注意)。
楽天日本一大セールで買い物をする時は価格調査を徹底しよう

次に気を付けるべきは悪質店舗だ。最近大きなモールでもコピー物(偽物)を扱ったり、お金を払ってもなかなか商品を送らない悪質な店舗が増えている。

もちろん日本人が運営している店舗もあるだろうが、多くが中国人や韓国人が運営している店舗らしい(自国で偽物を作っているのでパイプがあるのだろう)。

楽天やヤフー、アマゾン等もそれらの悪質店舗を初めから排除すればいいのにと思うのだが、そういう店舗から入る手数料でも欲しいのかあまり対策していないようにみえる。客側で注意してそういう店を避ける努力をしなければいけないのが現実だ。

私は会社概要等で会社名や運営者の名前、電話番号、住所等を検索し中国人や韓国人が運営しているようなら購入しない。もちろん真っ当に商売している人もいるので中国人や韓国人=詐欺ではない。総合的に判断して欲しい。

ヤフーショッピングは去年店舗が払う手数料等を無料化したようで店舗数も大幅に増え、以前よりも商品数も増えている。手数料無料化の影響なのかは分からないが値段やポイント、送料無料の金額等で他のモールより得な場合も多く本当に利用しやすくなった。

突然重くなったり、欲しい物がなかなか検索できなかったりする悪い面もあるが、総合的に考えると結構おすすめだ(現時点でだが)。

ヤフーショッピング優勝キャンペーン


| 節約 |

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。