日記

ノロやロタには脱水症状対策が必須

去年もノロウイルスがひどかったが今年もやばい。

娘の仲良し友達5人中4人がノロウイルスによる感染性胃腸炎になってしまい、その内の3人の家で親にもうつってどうしようもない状態になっているらしい・・・・・

ノロウイルスにやられた事がない人にはあの苦しみは分からないと思うが、例えるなら嫁よりトイレとずっと一緒にいたいと思わせてくれる存在といえば分かりやすいだろうか。熱で体がだるい上に上から下から大洪水という併せ技・・・・・まさに地獄だ。今感染している人が気の毒でしかたない。

さらにこのノロウイルスが厄介なのは病院に行っても特効薬は存在しないので点滴くらいしか対処法がない事だ。ここで気をつけなくてはいけない点だが、ノロウイルスに感染したら吐き気止めは構わないが下痢止めは飲んではいけない。下痢止めを飲んでしまうとウイルスの排出(体の外に出す事)ができなくなってしまい、回復を遅らせる事になるらしい。

下痢や嘔吐が続くと当然のように脱水症状になっていく。この脱水症状が最も危険なのだ。

実は感染性胃腸炎になったとしても嘔吐や下痢等でたちまち死の危険があるわけではない(苦しみは地獄だが)。危険なのは嘔吐物で窒息してしまったり重度の脱水症状になる事なのだ。

お年寄りや幼児は嘔吐物による窒息に十分気をつけなければならないのは当然なのだが、脱水症状対策も徹底しなければならない。

下痢や嘔吐によって排出された水分やナトリウム、カリウム等の電解質をしっかり補給する事で脱水症状対策になる。とにかく水分補給が重要なのだ。

この水分補給にも気をつけなければいけない事がある。ただ単に水を飲ませればいいのか、それともお茶を飲ませればいいのか、スポーツドリンクを飲ませればいいのかと迷うかもしれない。

私がまだ幼児で可愛い盛りだった頃に感染性胃腸炎になってしまった時、私の母は発売されてからまだ間もなかったポカリスエットを飲ませてくれた。ちなみにどうでもいい事だが私はアクエリアスよりポカリスエットが好きだ。

これは悪くはないセレクトだが、それによって私は低ナトリウム血症になってしまった。水分補給にはポカリスエットがいいと母なりに考えての事だったと思う。

確かにポカリスエットはスポーツ等で失った水分を補給するには非常に有効なのだが、嘔吐や下痢等による脱水症状(病的脱水)の時に飲むと電解質濃度が低すぎる事でこのような水中毒を引き起こす危険性がある。

ではどうすればいいのかだが皆さんは経口補水療法という言葉を知っているだろうか。

経口補水療法というのはもともと十分な医療が受けられない開発途上国で生まれたものだ。開発途上国では衛生管理が酷い為、数多くの感染症による脱水症状でたくさんの人たちの命が失われていた。

この原因のひとつとして医療施設が不足している事により点滴治療が困難だった事が挙げられるのだが、頭の良い人が点滴が受けられなくても脱水症状が改善するようにと経口補水液という物を開発し、WHOやUNICEFが配布した事で劇的に改善された。

この経口補水療法というものが感染性胃腸炎の脱水症状対策にはもってこいなのだ。

日本で発売している有名な経口補水液といえばポカリスエットの会社大塚製薬工場のOS-1(おーえす・わん)。その他にもあるのかもしれないが私はOS-1以外は知らない。

経口補水液 オーエスワン(OS-1) 500ml×24本




私はこのos-1を必ず常備している。下手な市販薬を常備しておくよりよほど意味があると思う。賞味期限は製造から約9ヵ月だが、ノロウイルスやロタウイルスによる脱水症状対策以外にも夏場の熱中症対策や二日酔い対策(これは本当に効果あり)にも効果抜群なので絶対に損はない。

感染性胃腸炎を予防するには徹底した手洗いや次亜塩素酸水、二酸化塩素等を使っての除菌対策が非常に有効だが、万一感染してしまったらos-1を飲んで脱水症状にならないようにすればいいだろう。

あと数か月は感染におびえる日々が続くので予防対策や、もし感染してしまった時の備えはしっかりやっておこう。

(関連のある記事)
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
インフルエンザの流行スタート!家庭での簡単な予防対策
首から下げる除菌剤が使用中止に

(参考にさせてもらったサイト)
経口補水療法を知る|大塚製薬工場
ノロウイルス感染症とその対応・予防(家庭等一般の方々へ)|感染症情報センター

天然より養殖の方が美味しい魚?

私は社会の底辺にいる人間だがフグが好きだ。

今までの人生で2〜3度(しかも奢ってもらったので自分では支払っていない)しか食べた事はないが大好きだ。

フグといえば高級魚の代名詞であり、私のような下賤の者では食べられないと長い間思い込んでいたのだがどうやら最近は違うらしい。

天然を超えた? 養殖トラフグ、エサの技術進歩で食味向上|MSN産経ニュース

フグといえばトラフグだと思うのだが、天然トラフグの年間生産量が100トン程度なのに対して養殖トラフグの年間生産量は約4000トン。値段は養殖物に比べて天然物の方が数倍〜数十倍高いようだ。

そこまでの価格差があるなら味もかなり落ちるのかと思いきやそうではないらしい。

国産の養殖トラフグはクロマグロと並んで日本を代表する最先端の養殖技術の結晶。味や食感では天然を超えたといわれている


近畿大学農学部・水産経済学研究室の有路昌彦准教授もこう言っているので天然を超えたは言い過ぎかもしれないがかなりのレベルなのだろう。

そう言われてみれば日本の養殖技術は非常に高く、近大のマグロを筆頭にブリ(ハマチ)やマダイ、最近ではマグロの代替として期待されているスマ等数多くの魚種を養殖している。

スマはマグロの代用魚(代替魚)になり得るのか?味は申し分なし!

私が今まで思い込んでいた「養殖物は天然物には敵わない」という考えは既に過去のものなのかもしれないと思い始めたので少し調べてみた。

例えばハマチについてだが、皆さんはハマチの養殖についてどのようなイメージを持っているだろうか。

私は沿岸に網で囲った生簀を作り密集された中で餌を与え養殖するイメージを持っていた。狭くて汚い水の中で養殖するので餌臭くてすぐに病気になるから抗生物質漬けだろうなとも思っていた。

調べてみると確かに今まではそのような養殖方法だったところもあるらしい。しかし現在は潮の流れが速くて海水が循環する外海に筏を係留する方法が主流のようだ。

潮の流れが速い外海で養殖する事により餌が海底に沈殿する事も防ぐ事ができ、水質が悪くなりにくいので抗生物質の投与も減り、魚の運動量も増える事で天然物と比べても遜色ない味のハマチを提供できるようになったらしい。

時期によっては天然物をはるかに上回る味なので、天然物よりも養殖物の浜値(港で取引される値段)が良いという逆転現象が起きるほど養殖物の価値が上がっているようだ。

未だに薬漬けで体に悪くて味も悪いと触れ回っている人もいるが技術は日々進歩している事を忘れてはいけない。養殖ハマチは危険とか薬漬けなどと批判されイメージダウンになっているにも関わらず、その方法を改善していかない馬鹿はいないだろう。

香川県かん水漁協(ハマチについて)

マダイに関しても全ての養殖業者が徹底しているわけではないと思うが厳しい基準を順守している業者もある。

宇佐水産|愛南宇佐の鯛

同じく危険と言われているウナギも然りだ(中国や台湾や韓国からの輸入物については保障できないが)。

国産鰻の安全性と品質について|日本養鰻漁業協同組合連合会

その他にも水銀濃度やダイオキシン類のコントロール等、養殖ならではのメリットもある。

味に関しては好みもあるので養殖物が最高とは言えないし、ブランド力でも天然物の方がいいという人の方が多いとは思うが、そろそろ養殖物についての間違った偏見は捨てるべきかもしれないなと調べている中で強く思った。

科学でわかる魚の目利き 回遊魚から養殖魚まで、魚をよりおいしく食べる! (サイエンス・アイ新書)





(参考にさせてもらったサイト)
【食】魚は養殖のほうが安心・安全、味も負けない?|語られる言葉の河へ

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.