日記

天然より養殖の方が美味しい魚?値段や安全性は?

私は社会の底辺にいる人間だがフグが好きだ。

今までの人生で2〜3度(しかも奢ってもらったので自分では支払っていない)しか食べた事はないが大好きだ。

フグといえば高級魚の代名詞であり、私のような下賤の者では食べられないと長い間思い込んでいたのだがどうやら最近は違うらしい。

天然を超えた? 養殖トラフグ、エサの技術進歩で食味向上|MSN産経ニュース

フグといえばトラフグだと思うのだが、天然トラフグの年間生産量が100トン程度なのに対して養殖トラフグの年間生産量は約4000トン。値段は養殖物に比べて天然物の方が数倍〜数十倍高いようだ。

そこまでの価格差があるなら味もかなり落ちるのかと思いきやそうではないらしい。

国産の養殖トラフグはクロマグロと並んで日本を代表する最先端の養殖技術の結晶。味や食感では天然を超えたといわれている


近畿大学農学部・水産経済学研究室の有路昌彦准教授もこう言っているので天然を超えたは言い過ぎかもしれないがかなりのレベルなのだろう。

そう言われてみれば日本の養殖技術は非常に高く、近大のマグロを筆頭にブリ(ハマチ)やマダイ、最近ではマグロの代替として期待されているスマ等数多くの魚種を養殖している。

スマはマグロの代用魚(代替魚)になり得るのか?味は申し分なし!

私が今まで思い込んでいた「養殖物は天然物には敵わない」という考えは既に過去のものなのかもしれないと思い始めたので少し調べてみた。

例えばハマチについてだが、皆さんはハマチの養殖についてどのようなイメージを持っているだろうか。

私は沿岸に網で囲った生簀を作り密集された中で餌を与え養殖するイメージを持っていた。狭くて汚い水の中で養殖するので餌臭くてすぐに病気になるから抗生物質漬けだろうなとも思っていた。

調べてみると確かに今まではそのような養殖方法だったところもあるらしい。しかし現在は潮の流れが速くて海水が循環する外海に筏を係留する方法が主流のようだ。

潮の流れが速い外海で養殖する事により餌が海底に沈殿する事も防ぐ事ができ、水質が悪くなりにくいので抗生物質の投与も減り、魚の運動量も増える事で天然物と比べても遜色ない味のハマチを提供できるようになったらしい。

時期によっては天然物をはるかに上回る味なので、天然物よりも養殖物の浜値(港で取引される値段)が良いという逆転現象が起きるほど養殖物の価値が上がっているようだ。

未だに薬漬けで体に悪くて味も悪いと触れ回っている人もいるが技術は日々進歩している事を忘れてはいけない。養殖ハマチは危険とか薬漬けなどと批判されイメージダウンになっているにも関わらず、その方法を改善していかない馬鹿はいないだろう。

香川県かん水漁協(ハマチについて)

マダイに関しても全ての養殖業者が徹底しているわけではないと思うが厳しい基準を順守している業者もある。

宇佐水産|愛南宇佐の鯛

同じく危険と言われているウナギも然りだ(中国や台湾や韓国からの輸入物については保障できないが)。

国産鰻の安全性と品質について|日本養鰻漁業協同組合連合会

その他にも水銀濃度やダイオキシン類のコントロール等、養殖ならではのメリットもある。

味に関しては好みもあるので養殖物が最高とは言えないし、ブランド力でも天然物の方がいいという人の方が多いとは思うが、そろそろ養殖物についての間違った偏見は捨てるべきかもしれないなと調べている中で強く思った。

科学でわかる魚の目利き 回遊魚から養殖魚まで、魚をよりおいしく食べる! (サイエンス・アイ新書)





(参考にさせてもらったサイト)
【食】魚は養殖のほうが安心・安全、味も負けない?|語られる言葉の河へ

超音波加湿器が危険?加湿器病?きちんとメンテすれば大丈夫だ

今年はやたらと乾く。財布もカラカラだし、心もカラカラだし、空気もカラカラだ。さすがはアベノミクス・・・・。

それはさておき、私は幼い頃から器官が弱いので乾燥する時期になると加湿器が欠かせない。今年は例年より少し早い出陣のようだ。

私は超音波加湿器をメインに使っているのだが、ほぼ1年に1回買い替える。その理由は安い事と壊れやすい事だ。壊れやすいのになぜ買うのかと言われれば若干苦しいがまあ理由はある。

本体の値段ならスチームも安いんだが、あれは電気代が馬鹿みたいに高い。2〜300Wなんてストーブと同じくらいだよ。電気代を考えてストーブもできるだけつけないようにしているのにそれならストーブをつけるわ。

次は気化。気化は弱い、フィルターが臭い、高い、以上。

スチームと気化を合わせたみたいなハイブリッドというのもある。これはなかなかの物だが、高い。しかもなぜか私が買った物はすぐ壊れる。今まで3回買ったが2回はワンシーズンで壊れた・・・・。

保証期間が1年の物が多いんだがこれは結構曲者だ。なぜなら加湿器を使うのは冬場がほとんどだからだ。5ヵ月くらい使って次のシーズンには故障って上手に作りすぎだろ。

今使っているやつがこれからも元気でいてくれる事を強く願う。

本命の超音波だが電気代が安い、パワーもある、うるさくない、小さいと私の希望に全て答えている。だがこの超音波加湿器、世間では袋叩きの刑にあっているのだ。

理由は概ね2つ。1つは白い粉問題だ。

超音波加湿器は水の中のミネラル(カルシウムやマグネシウム等)をそのまま放出するのでテレビ等に白い粉がつく。水に含まれるミネラルは地域差があるのだろうか私は白くなった記憶がない。けれど真っ白になる人もいるらしい。そういう時は拭き掃除だな。

2つ目は加湿器病。簡単にいうと、超音波の加湿器は水に何が混ざっていようが全部霧にしてしまうから、水の中に細菌等が繁殖していれば細菌が混ざった水を口や鼻から吸い込む事で加湿器病になるという事だ。

加湿器病になるから超音波は捨ててハイブリッドや気化を買えという人が非常に多い。

たしかに超音波式加湿器は加湿器病のリスクがある。しかしメンテをしっかり行えば大丈夫だ。ほとんどの超音波加湿器はタンクと本体を簡単に分離させられる。まめにタンクをゆすぎ、本体部分を洗ってあげれば心配ない。私は10年くらい超音波を使っているが加湿器病にかかった事などないのだから。

メンテのポイントだが、加湿器病の原因の1つであるレジオネラ対策が肝になるだろう。レジオネラというのはレジオネラ症を引き起こすグラム陰性の桿菌なのだが、銭湯等でよく発生しレジオネラ症によって毎年数人亡くなっている。

こいつが超音波加湿器の水の中で繁殖してしまうのだ。超音波加湿器を掃除せずに水を継ぎ足して使っていると本体部分にぬめりが出てくる。これをバイオフィルムというのだがこのぬめりの中にやつらはいる。

そのぬめりを丁寧に洗い(ぬめりが出るまで放っとく時点でおかしいが)レジオネラが苦手な塩素系の除菌剤(次亜塩素酸水等)を入れておけば大丈夫だ。私はそんな面倒な事が嫌だからほぼ毎日洗っているが。
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方

去年くらいに韓国の加湿器用殺菌剤で何百人も死人が出ていた。CMITとMITが含まれていたようだ。こんな除菌剤は絶対使っちゃいかんよ。除菌するなら次亜塩素酸水かせめて二酸化塩素にしておく事。

気をつけなければいけないのは超音波加湿器の本体にある振動子だ。だいたい黒いパッキンに覆われている白い円形のものなんだが、ここで水を霧化している。洗う時にここを傷つけてしまうと超音波加湿器は死んでしまうのだ。優しく洗ってあげよう。

私の場合だがほぼ1日で水が無くなってしまうくらい使っている。水を補給するついでに本体を軽く洗っている感じだ。大して面倒でもない。このくらいの事ができない人は超音波を使うべきではないだろう。きっと気化やハイブリッドのフィルター交換も面倒だからと決められた期間でやらないんじゃないだろうか。そんな人はスチーム式にしてミネラルでガチガチになったら捨てる事をおすすめする。

そもそも超音波加湿器が危険すぎる存在ならとっくの昔に販売禁止になっているはずだ。

加湿器シェア.jpg

これは2013/11/11〜11/17の価格.comのPVシェアだが、超音波加湿器しずくで有名なアピックスが4位に入っている。そんなに頻繁に加湿器病になるなら年間数十万〜数百万人が加湿器病になっているのではないだろうか。

超音波にもスチームにも気化にもハイブリッドにも良い所があれば悪い所もある。その人の居住環境でも適切な物もあれば適切でない物もある。そのあたりを考慮して自分に合った物を選ぶといいだろう。

たくさんのウェブサイトに脅されて、今超音波式の加湿器を使っている人は不安に思っているかもしれないが、そんなに怖がらなくてもいい、大丈夫だ。ただしメンテだけはしっかりやってな。

追記【超音波加湿器 故障】というキーワードで訪問してくれる人が多い。
確かに超音波加湿器は故障しやすいのだが、もし急に霧が出なくなった時1つ確認して欲しい点がある。
超音波加湿器は本体部分の振動子で水を霧化させるのだが、そこがヌメリ等で汚れてしまっていると霧化できなくなってしまう。
その部分を指の腹で優しく洗ってやると直る場合もあるのでチェックしてみるといいだろう。

振動子.jpg


超音波加湿器人気ランキング


(参考にさせてもらったサイト)
加湿器にはいろんな方式があるけど、どれを選べば良い?|藤山哲人の実践家電ラボ
加湿器業界の市場シェアデータ速報 トレンドサーチ-価格.com
次亜塩素酸水による細菌類の不活化|関東学院大学

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.