日記

コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も

視力が落ちてくると否応なしに眼鏡orコンタクトレンズの二択を迫られる事になる。眼鏡には眼鏡のコンタクトレンズにはコンタクトレンズの良さがあると思うのだが、コンタクトレンズの方が受けがいい感じがする。

私も昔は身なりを気にする方だったのでコンタクトレンズをつけていた。しかし、日々のメンテナンスをきちんとしなかった為に角膜に傷がついてしまった事と、もともとドライアイだったので医師に眼鏡をすすめられてからはずっと眼鏡派だ。

冴えない眼鏡派の私だが、先日眼鏡でよかったと思う出来事があった。同僚が会社を長期間休む事になった。その理由はコンタクトレンズを長期間外さずにいた事でアカントアメーバによる角膜感染症になってしまったという事だった。

たかが目の病気でそんなに長期間休まなければいけないのかと思った事とアカントアメーバという言葉を聞いた事がなかったのでこのアカントアメーバ角膜感染症というものについて少し調べてみた。

アカントアメーバ.jpg

アカントアメーバというのは原生生物の一種のようで、土壌中や淡水域等、どこにでもいるらしい。その中で一部の種が感染性を持ち、我々人間や他の動物に角膜炎や脳炎を引き起こすとの事だ。

患者さんの画像もたくさんあったので3症例くらい見たのだが白目の部分が充血し真っ赤になり、黒目の部分が真っ白になっていた。

さらに調べていくと、このアカントアメーバが尋常ではないくらい恐ろしい事が分かった。

このアカントアメーバは通常なかなか感染を起こさないものなのだが、もし感染してしまうと治療は困難を極めるようだ。

アメーバなので当然特効薬はなく、基本は抗真菌薬の使用とそれに加えて感染した角膜表面を何度も削る治療を併用する必要があり、根治には何カ月もかかるらしい。しかもまだ根治するなら救いようがあるのだが、失明する事もまれではないようだ(同僚は医師から失明の可能性が非常に高いと宣告されている)。

日本眼科学会のホームページにはこう書かれている。

アカントアメーバ角膜炎を発症した人のほとんどはソフトコンタクトレンズ使用者です。毎日使い捨てにしなければならないレンズを再度装用してしまったり、再装用可能なレンズでもこすり洗いやすすぎなど、決められた取り扱いができていない場合がほとんどです。


さあ、少しでも心当たりがある人は手遅れになってしまう前に今までのコンタクトレンズの習慣を改めよう。

アカントアメーバ角膜感染症の予防には、正しいレンズケアが最重要だ。日本コンタクトレンズ学会にレンズケアの注意点が書かれていたので記載していく。

1.コンタクトレンズを使用する際には、眼科専門医の処方と指導を受け、定期的に検査を受ける

定期的に検査を受けるという部分は非常に重要だと思う。私がコンタクトレンズをつけていた時は必ず検査をしないとレンズを売ってくれなかったものだが、今ではインターネット通販で簡単に安く検査なしで購入できるようになった。だが、検査によって異常が早期に見つかる事もあるので定期的に検査を受けるべきだと思う。

2.手を十分に石けんで洗ってからコンタクトレンズを取り扱う

眼科で初めてコンタクトレンズをつけた時、看護師さんに口を酸っぱくして言われたのがこれだ。手についた細菌を落とす意味でも重要な事なので必ず守ろう。

ケア前の手洗い.jpg

3.コンタクトレンズをはずした後に、必ずこすり洗いを行い、十分にすすぐ

これも非常に重要な事だ。レンズに付着した汚れや細菌などの微生物をできるだけ落としておくと、レンズケア用の消毒剤が効果を発揮しやすくなる。逆にいうとこすり洗いをしないとせっかくの消毒剤の効果が発揮できなくなる。レンズを外した後は必ずこすり洗いしよう。

こすり洗いの頻度.jpg

4.レンズケースは毎日しっかり洗い、自然乾燥させる

意外と盲点なのがレンズケースだ。いくらコンタクトレンズを清潔にしていてもレンズケースが汚染されていれば意味がない。コンタクトレンズと同じくらいレンズケースも清潔にする事を心掛けよう。

5.レンズケース内の消毒液は毎日新しいものに交換する

消毒剤を注ぎ足して使用すると、アカントアメーバは死滅せずに残存する可能性があるので必ず新しいものに交換する事。

6.レンズケースを定期的に新しいものに交換する

これも非常に重要な事だ。こまめにレンズケースを清掃しても限界があるらしい。レンズケースからの汚染を避ける為にも最低1.5ヵ月〜3ヵ月で新しいレンズケースに交換しよう。

レンズケース交換の頻度.jpg

7.レンズケア用品は開封後すみやかに使う(長期間の使用は危険である)

レンズケア用品は開封すると劣化が始まり求められる効果を発揮できなくなってしまう。開封後はできるだけ早く使おう。

8.コンタクトレンズ、レンズケア用品は清潔な場所に保管する

9.コンタクトレンズのすすぎは、こすり洗いの後だけではなく、装用直前にもう一度、レンズケースから取り出した後に、十分量のMPSあるいは保存液(すすぎ液)ですすぐ

ここで挙げた注意点は全て重要だが、その中でも赤字で書いた点は特に気をつけて欲しい。

石鹸での手洗いとレンズのこすり洗いを必ず行い、レンズケースを 3 ヶ月以内に交換するという 3 点の注意点を守ってケアを行っていた人は注意点を守っていなかった人に比べてアカントアメーバ汚染率、細菌検出率ともに低かった


国民生活センターの資料でも上記のとおりだ。

少し前からカラーコンタクトレンズ等も登場してきてファッション感覚のようにコンタクトレンズをつける人も増えてきているが、コンタクトレンズは医療機器という事を忘れないで欲しい。

私の同僚のように取り返しのつかない事になる前に、コンタクトレンズは使い方を誤れば危険という自覚を持って自己防衛して欲しい。子供が装着する場合は保護者がしっかり知識を持って正しい習慣作りをしてあげよう。

注記
カラーコンタクトレンズは以前は雑貨品扱いだったが、品質について国の基準が設けられていなかった為、安価な商品が量販店やインターネットなどで販売され、失明にもつながる目の障害が発生していた。

こうした状況を受けて、経産省と厚労省は、カラーコンタクトレンズも一般のコンタクトレンズと同じように、2009年に薬事法で品質や販売方法を規制した(医療機器へ)のだが、韓国製等で医療機器として認可されていない物が出回っている。

このようなカラーコンタクトレンズは日本の安全基準審査をクリアしていない粗悪品なので、たとえ値段が安くても絶対に避ける事。


AOセプトクリアケア 360ml×3本パック



ソフトレンズケースセット3個




(参考にさせてもらったサイト)
ソフトコンタクトレンズ用消毒剤のアカントアメーバに対する消毒性能 −使用実態調査も踏まえて−|国民生活センター
日本コンタクトレンズ学会
日本眼科学会
【失明】本当に洒落にならない未承認韓国カラコン【注意喚起】|NAVERまとめ

ノロウイルスやロタウイルスには脱水症状対策が必須!

去年もノロウイルスがひどかったが今年もやばい。

娘の仲良し友達5人中4人がノロウイルスによる感染性胃腸炎になってしまい、その内の3人の家で親にもうつってどうしようもない状態になっているらしい・・・・・

ノロウイルスにやられた事がない人にはあの苦しみは分からないと思うが、例えるなら嫁よりトイレとずっと一緒にいたいと思わせてくれる存在といえば分かりやすいだろうか。熱で体がだるい上に上から下から大洪水という併せ技・・・・・まさに地獄だ。今感染している人が気の毒でしかたない。

さらにこのノロウイルスが厄介なのは病院に行っても特効薬は存在しないので点滴くらいしか対処法がない事だ。ここで気をつけなくてはいけない点だが、ノロウイルスに感染したら吐き気止めは構わないが下痢止めは飲んではいけない。下痢止めを飲んでしまうとウイルスの排出(体の外に出す事)ができなくなってしまい、回復を遅らせる事になるらしい。

下痢や嘔吐が続くと当然のように脱水症状になっていく。この脱水症状が最も危険なのだ。

実は感染性胃腸炎になったとしても嘔吐や下痢等でたちまち死の危険があるわけではない(苦しみは地獄だが)。危険なのは嘔吐物で窒息してしまったり重度の脱水症状になる事なのだ。

お年寄りや幼児は嘔吐物による窒息に十分気をつけなければならないのは当然なのだが、脱水症状対策も徹底しなければならない。

下痢や嘔吐によって排出された水分やナトリウム、カリウム等の電解質をしっかり補給する事で脱水症状対策になる。とにかく水分補給が重要なのだ。

この水分補給にも気をつけなければいけない事がある。ただ単に水を飲ませればいいのか、それともお茶を飲ませればいいのか、スポーツドリンクを飲ませればいいのかと迷うかもしれない。

私がまだ幼児で可愛い盛りだった頃に感染性胃腸炎になってしまった時、私の母は発売されてからまだ間もなかったポカリスエットを飲ませてくれた。ちなみにどうでもいい事だが私はアクエリアスよりポカリスエットが好きだ。

これは悪くはないセレクトだが、それによって私は低ナトリウム血症になってしまった。水分補給にはポカリスエットがいいと母なりに考えての事だったと思う。

確かにポカリスエットはスポーツ等で失った水分を補給するには非常に有効なのだが、嘔吐や下痢等による脱水症状(病的脱水)の時に飲むと電解質濃度が低すぎる事でこのような水中毒を引き起こす危険性がある。

ではどうすればいいのかだが皆さんは経口補水療法という言葉を知っているだろうか。

経口補水療法というのはもともと十分な医療が受けられない開発途上国で生まれたものだ。開発途上国では衛生管理が酷い為、数多くの感染症による脱水症状でたくさんの人たちの命が失われていた。

この原因のひとつとして医療施設が不足している事により点滴治療が困難だった事が挙げられるのだが、頭の良い人が点滴が受けられなくても脱水症状が改善するようにと経口補水液という物を開発し、WHOやUNICEFが配布した事で劇的に改善された。

この経口補水療法というものが感染性胃腸炎の脱水症状対策にはもってこいなのだ。

日本で発売している有名な経口補水液といえばポカリスエットの会社大塚製薬工場のOS-1(おーえす・わん)。その他にもあるのかもしれないが私はOS-1以外は知らない。

経口補水液 オーエスワン(OS-1) 500ml×24本




私はこのos-1を必ず常備している。下手な市販薬を常備しておくよりよほど意味があると思う。賞味期限は製造から約9ヵ月だが、ノロウイルスやロタウイルスによる脱水症状対策以外にも夏場の熱中症対策や二日酔い対策(これは本当に効果あり)にも効果抜群なので絶対に損はない。

感染性胃腸炎を予防するには徹底した手洗いや次亜塩素酸水、二酸化塩素等を使っての除菌対策が非常に有効だが、万一感染してしまったらos-1を飲んで脱水症状にならないようにすればいいだろう。

あと数か月は感染におびえる日々が続くので予防対策や、もし感染してしまった時の備えはしっかりやっておこう。

(関連のある記事)
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
インフルエンザの流行スタート!家庭での簡単な予防対策
首から下げる除菌剤が使用中止に

(参考にさせてもらったサイト)
経口補水療法を知る|大塚製薬工場
ノロウイルス感染症とその対応・予防(家庭等一般の方々へ)|感染症情報センター

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。