日記

NHKの病の起源(うつ病)を見て思った事

NHK病の起源.png
NHKスペシャル病の起源

去年の5月頃からNHKで放送されている病の起源

その第3集である「うつ病〜防衛本能がもたらす宿命〜」が昨日再放送されていた。

テレビをあまり見ない私だが、ことうつ病に関しては自身も苦しんだ経験があるのでついつい最後まで見てしまった。内容についても納得できるものが多く、知らなかった事もたくさんあり、興味深く見させてもらった。

知らなかった事の一つはうつ病の原因が扁桃体にあるという事。

扁桃体(へんとうたい、英: Amygdala)はアーモンド形の神経細胞の集まりで、ヒトを含む高等脊椎動物の側頭葉内側の奥に存在する[1]。扁桃体は情動反応の処理と記憶において主要な役割を持つことが示されており、大脳辺縁系の一部であると考えられている[2]。 扁桃核(へんとうかく)とも言う。



この扁桃体が「天敵」、「孤独」、「記憶」、「言葉」といったモノ(扁桃体暴走4要素)から刺激を受けストレスホルモンというモノを過剰に分泌し、過剰に分泌されたストレスホルモンが脳の神経細胞を破壊して脳を委縮させるらしい。

そして、これらに対抗するキーワードは「平等」と「人と人の関係」。

番組ではうつ病の始まりはメソポタミア文明からだと言っていた。それまでは狩猟採集型で、獲物を皆で狩って平等に分け合っていたのだが、農業の始まりにより穀物の生産性が上がり、余った穀物は富となる。その富は力のある者(階級の高い者)に集まり、「持つ者」と「持たざる者」という格差を生み出した。

この格差は様々な負の要素を生み出し、「持たざる者」はたくさんのストレスを受ける事になり、うつ病になってしまう。そしてこの格差は現代になって更に広がっている。

「平等」がうつ病に対抗できる証拠として、アフリカのハッザ族という狩猟民族はどんなにお腹が空いていても絶対に皆で獲物を平等に分けており、うつ病など皆無という事だ。

次に「人と人の関係」だが、ドイツでは田舎で生活している人と都会で生活している人のストレスホルモンの量は都会の人がはるかに多いというデータがある。

田舎では近所の80%以上の人が顔見知りで共に支え合って生きているのに比べ、都会では80%の人が顔も知らない人で人と人のつながりが希薄というのが影響しているらしい。

では、うつ病にならないようにするには皆が平等な社会を創ればいいのだろうが、そんな事ははっきり言って不可能だ。まず、資本主義が絶対的に強いこの世界では共産主義など夢物語であり社会主義すら実現していない。小さな集落程度なら可能かもしれないが国家規模になると難しいだろう。

平等どころか今後はさらに都市が拡大し、貧困が深刻化していくだろうからますますうつ病の人が増えていくのは容易に想像できる。嫌な世の中だなとつくづく思う。

うつ病は一度なってしまうと元の生活に戻るのは難しい非常に厄介な病気だ。

私は10年程前、仕事中に急に胸が苦しくなり、手足がしびれる症状がでたので急いで病院に行って検査したが何も異常がなかった事が始まりだった。数日後、今度は運転中に頭が痛くなり、意識を失いそうになって、これまた急いで脳の検査をしたが全く異常がなかった。

その後も寝ている時、急に電気が体中を走ったような感じになって目覚めると急に胸が苦しくなり異常な汗が出て救急車で病院に行ったのだが、これまた異常なしだった。こんな発作が数日おきにでるようになり、とてもではないが仕事に行けなくなった。

それからますます症状は酷くなり、原因が分からない事の恐怖等などから頭がおかしくなりそうだった。さらに幻覚や幻聴までも聞こえてくるようになり、何かが自分を狙っているという強迫観念が強くなってきて刃物を抱いて寝ていた事もあった。

そこまで酷くなってから毎回のように行っていた病院の看護師さんがもしかしたら精神かもしれないと教えてくれ、心療内科を紹介してくれた。結果はうつ病だった。

発作がでた時や眠れない時用にソラナックスという薬をもらい、治療用にはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という物に分類されるパキシルという薬を使用した。これらを飲むと頭がぼーとして何も考えられなくなり、やる気が全くなくなってしまったが、確かに症状は全て治まった。

それから1年程薬を飲み続けたが、薬が効いている間はぼーとしていたり眠気がくると寝るだけの生活で生きているのか死んでいるのか分からないような状態だった。しかも薬が切れるとめまいや頭痛、吐き気が酷くなり薬なしではとても生活ができなくなってしまった。

ある時、嫁が先生にいつまで飲み続ければいいんですかと聞くと、先生はいつまで飲めば終わりかは分からないがどちらにしても仕事に戻るのは無理だから精神障害者保健福祉手帳の申請をすれば少しでも生活の助けになると言い、嫁が泣いていたのを覚えている。

貯蓄がそこそこあったので障害者手帳の申請はしなかったが、さらに1年後には貯蓄はほぼ0になってしまった。その時、このままではいけないという気持ちが急にでてきた。自分一人ならのたれ死んでも構わないが家族がいるのだから自分がなんとかしなくてはと思うようになった。

まずは思考を停止させる薬をやめなくては思い、先生に相談したがずっと飲み続けなければいけないと大反対された。だが薬を飲み続ければ絶対社会復帰はできないと思ったので、自分でカッターで削って少しずつ少しずつ量を減らし2ヵ月程度でやめる事ができた。それから運よく仕事に就き、少ない給料ながらなんとか頑張っている。あれ以来抗うつ剤は一切飲んでいないが、年に1回くらいパニック障害がでるので財布にソラナックスを1錠だけお守り代わりに持っている。

今思うと、私がうつ病になった原因は格差やプライドの高さ、将来に対する不安だったと思う。学生時代は成績もそこそこ良かったが、自分より成績の悪かった友人が待遇の良い企業に就職し自分の何倍もの収入を得ていた事に対する妬みや僻み、将来性のない仕事でいつ職を失うか分からないという不安が大きな要因だったような気がする。

私がうつ病から立ち直れたのは仕事から完全に離れて数年休めるだけの貯蓄があった事と、堕ちる所まで堕ちた時に自分は他人より劣る存在だという事を認められるようになった事、そして養わなければならない家族がいたからだと思う。

だが、もし貯蓄がなかったと思うとゾッとする。生きていく為には働かなければいけない。生活保護という手もあるだろうが、その選択ができない人も多いだろう。現に私はその選択ができなかった。働かなければ生きていけないのに、仕事がうつ病の原因ならストレスから解放される為にはその環境から離れるのが一番なので働く事ができない。一体どうすればよいのだろう。

テレビではストレスがない状況をつくり、TLC(生活改善療法)を行う事によってうつ病の予防や治療ができると言っていたが、結局は生活に余裕がなければ難しいのではないだろうかと思ってしまう。2008年に池袋周辺のホームレスを調査した結果、精神疾患を抱えている割合が62.5%だったというデータがある。お金がなくてホームレスになり精神疾患を患ってしまったのか、精神疾患を患ってしまったからホームレスになったのかは分からないが、お金と精神は密接に関係しているような気がする。

私は番組で言っていた「平等」と「人と人の関係」によってうつ病から立ち直れたわけではないように思うが、もしこの世が平等で妬みや僻みがなく、将来に不安を持つ事もなく、他人との関係を良好に保つ事ができればおそらくうつ病にはならないだろうなと思う。不可能な事は分かっているが、世の中がそんな風になればいいな。

うつからの脱出―プチ認知療法で「自信回復作戦」



(参考にさせてもらったサイト)
NHKスペシャル|病の起源第3集うつ病〜防衛本能がもたらす宿命〜
脳深部刺激治療(DBS)|独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
ホームレスの4〜6割が精神疾患、夜回り通じ医療につなぐ|あなたの健康百科

| 日記 |

本当に安心安全な野菜は?農薬ネオニコとは?

野菜は体に良い、肉は食べなくてもいいが野菜を食べなければ病気になってしまう、私も含めこのような考えの人は多いのではないだろうか。

しかし、最近よく野菜についての記事を読む機会があり考えさせられる事が多い・・・。

その1つがネオニコチノイド系農薬の問題だ。

ネオニコチノイド(英: Neonicotinoid)は、クロロニコチニル系殺虫剤の総称。ニコチン様物質を意味し、イミドクロプリド、アセタミプリド、ジノテフランなどが該当する。急性毒性は低いとされているが、昆虫に選択的に毒性を発揮し、人など哺乳類には低濃度で単独使用した場合には比較的毒性が低いとされているが、有機リン系農薬と併用した場合には頭痛や湿疹、ADHD(注意欠陥多動性症候群)に似た症状などが発生する場合がある[1]。一般家庭のガーデニング用から農業用、シロアリ駆除、ペットのシラミ・ノミ取り、ゴキブリ駆除、スプレー殺虫剤、新築住宅の化学建材など広範囲に使用されている。現在、農薬として世界100カ国以上で販売されている。


従来使われていた有機リン系は人への神経毒性が強いのでそれに代わる農薬として1990年代に登場し、近年多用されているらしい。

このネオニコチノイド系農薬は以前からミツバチ大量死(蜂群崩壊症候群=CCD)の主な原因とされており、このネオニコチノイドにより2007年春までに北半球の4分の1のハチが消えたともいわれている。

殺虫剤でハチが依存症に?農薬入りの餌好む傾向を確認、英研究-AFPBBNews

日本でも同様に異変が起こっている→ミツバチが生きた島、死んだ島―長崎県から報告

ただ、私は物事を大局的に見る事ができない人間なので、以前からCCDの事は知っていたがあまり関心を持っていなかった。大局的に見る事ができる人からすれば生態系が壊れる重大な問題だと思っていただろう。

私がこのネオニコチノイド系農薬に関心を持ったのはAFP通信のある記事を見た時だ。

EUの専門機関「欧州食品安全機関(European Food Safety Authority、EFSA)」によると、ネオニコチノイド系殺虫剤の「アセタミプリド」と「イミダクロプリド」は「人間の発達中の神経系統に影響を及ぼす可能性がある」という。



ネオニコチノイドは昆虫の神経伝達物質アセチルコリンの正常な働きを攪乱するらしいのだが、人間にとってもアセチルコリンは重要な神経伝達物質であり、昆虫と人間の神経系の基本はよく似ている為に以前から安全性が危惧されていた。

しかし、このような関連性が指摘されたのは今回が初めてだと思う。

新農薬ネオニコチノイドのヒト脳への影響

ちなみにネオニコチノイドの危険性を発表したEUに比べて、日本は果物や野菜に残留するネオニコチノイドの許容基準値が大幅に緩い(例:【キャベツ】アセタミプリド EU 0.01ppmに対して日本 5ppmと約100倍・・・)さらにネオニコチノイド系のクロチアニジンについては残留基準値を上げようという動きも見られる(パブリックコメントを募集していた)

さすがは農薬大国日本・・・。

主要国における農薬集約度ランキング.jpg


基準を厳しくしようと思っても文句を言ってくる国がいるから難しいところなのだろう。

アセタミプリド パブリックコメント.jpg


他国が健康面等に配慮して農薬基準を引き上げようとしているのに自分の国の農作物が輸出できなくなるからやめろとは・・・本当に大した国だお隣さんは。別に輸出してくれなくても結構。自分の国で食べてくれ。

それにしても、こんなに大量の農薬を使用している日本の野菜は本当に安全なのだろうか。

農薬集約度ランキングだけ見ると、危険だと思っていたアメリカですら日本に比べてはるかに農薬を使用していないではないか・・・。

そのあたりについて調べているとポストハーベスト農薬という言葉がでてきた。

ポストハーベスト農薬(−のうやく)は収穫後の農産物に使用する殺菌剤、防かび剤などのこと。ポストとは「後」、ハーベストは「収穫」を意味する。日本では収穫後の作物にポストハーベスト農薬を使用することは禁止されている。しかしながら米国をはじめとする諸外国から輸入されている果物等は、収穫後に倉庫や輸送中にカビ等の繁殖を防止するために薬剤が散布されることがある。



海外から農作物等を輸入する場合、長距離、長時間の移動を伴う為に農作物が腐らないように薬剤を散布する。これは海外でも自国向けの農作物には禁止されているのだが、外国産で日本へ輸出する果物や穀物には何度もポストハーベスト農薬を散布しているようだ。

ポストハーベスト農薬には、枯葉剤と同じ成分を含むものも使用され、ガンの発生率を高めたり、遺伝子異常を引き起こしたりするものがあることから以前より批判されている。

前門の虎、後門の狼のような状態になってきた。農薬をたくさん使用している日本産の野菜・・・ポストハーベスト農薬を散布している外国産・・・。

逃げ道は国産の無農薬しかないと調べてみれば「無農薬野菜の方が危険」などという記事まである始末。近畿大学の研究グループが発表した記事を根拠にしているものが多かった。

シリーズ「農薬の安全性を考える」無農薬栽培農産物は本当に健康に良いのか?

野菜や果物にはカビや病虫害から自分自身を守る免疫のような働きをする物質(生体防御たんぱく質)が含まれており、人間が野菜や果物を摂取した時にまれにアレルギー反応を起こす事があるらしい。

無農薬のものは病気や虫害に遭いやすい為、農薬を使用しているものに比べてこの生体防御たんぱく質をたくさん作りだす=アレルギー反応が起こりやすい=危険という事のようだ。

これについては有機野菜で有名な"大地を守る会"の方がブログで「だから何よ。」と反論しており、私も同意見である。

これは植物が本来持っている力に起因するもので、農薬が開発される遥か以前から備え持ってきた機能であって、人もまた当たり前のようにそれらを食べ、かつ共生してきたものだ。したがって、あらゆる食品に内包するものだと言えるだろう。たとえば蕎麦やバナナでアレルギー症状が出る人がいるからといって、蕎麦やバナナに毒があるとは言わないように、植物には必然的に備わっているもの、と冷静に受け止めるべきものではないだろうか。



様々な人が様々な方向から意見を述べているので本当にどれが正解なのか分からなくなってくる・・・。

しかしながら、ネオニコチノイドに関しては人体への危険性が明らかになった場合は速やかに代替について考えるべきだろう。アセタミプリドを開発した日本曹達(株)はアセタミプリド安全性については、客観的な評価がなされているとの見解を述べているようだが・・・。

【日本曹達】ネオニコチノイド系農薬の安全性で見解-農業協同組合新聞

ポストハーベスト農薬については賛否両論なのでなんともいえないが、私個人としては自治体や国が残留農薬等の検査を行っているとはいえ何度もすり抜けているのでできる事なら外国産は避けたいと思っている。

「農薬等を気にしていたら食べる物が無くなるよ」という人もたくさんおり、私も「ごもっとも」という気持ちはあるが、ただちに影響がないにしても私や妻はともかく子供たちには食べさせたくはない。

日本でも農薬や肥料(肥料も農薬と同じくらい注意が必要)に対して問題意識を持ち、できるだけ体に良いものを作ろうとしている人たちも増えてきている。多少値段が高くてもそのような野菜やコメ、果物を選びたいなと思った。

健康でいられるように食べている野菜で不健康にならないように。

新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす―もうひとつの安全神話




【有機野菜通販】
あんしん・おいしい・たのしい大地を守る会のお試し野菜セット980円から

生協の宅配パルシステム

らでぃっしゅぼーや 有機・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービス


【関連のある記事】
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
食品偽装表示事件によく出てくる牛脂注入加工肉(インジェクション)について考えてみた

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.