日記

全額返金保証の商品はぼったくりかうさんくさい物が多い

全額返金保証」という言葉を聞いて皆さんはどう思うだろう?

もし商品が駄目ならお金も返ってくるという安心感やそんなに自信があるなら良い商品なんだろう等、良いイメージを持つ人が多いだろう。

しかし、私のようなひねくれ者を通り越したねじれ者にとってお得な情報なんて物はうさんくさくて仕方がない。

そもそも全額返金保証がついている商品には健康食品や情報商材、シャンプー、消臭剤等効果がはっきり分かりにくい物が多くないだろうか?

確かに使ってみなければ分からない物だから消費者の不安を少しでも取り除く為に販売する側がリスクを背負って保証をつけるという商売人の鏡のような企業も中にはあるかもしれない。(私が知る限り聞いた事はないが)

けれども上記の商品を製造している方なら分かると思うが、どれもこれも原価はゴミ屑くらい安い物が多い。

シャンプーや健康食品の原価は良くて高い成分を使っている物でも2割程度。(容器等も含む)

中には20円くらいの物を10000円程度で販売している物も多々あるらしい。

消臭剤に関してもOEMで作られた同じ成分の商品がある店では1000円、ある店では2500円、そしてある店では5000円で売られているという話も聞いた。(ちなみに5000円の店には全額返金保証がついている)

という感じで原価が安いのに販売価格が高いとかなり批判的に書いてはみたものの原価の中に販促費等は入っていないので{売価−原価=利益}にはならないのだが、それでも全額返金保証をつけている商品はつけていない商品より高い価格で販売しているケースが多いという事だ。

もし返金を求められても高価格で販売しているので痛くも痒くもないだろう。

全額返金保証という言葉に踊らされて1人でも多くの人が購入してくれれば儲けものといった所だ。

最後にこれらの形がある商品はまだましである。(どんな物でもそれなりに効果はあるだろうから)

一番性質が悪いのは情報商材というやつだ。情報商材wiki

こいつは本当に恐ろしい。

人間の儲けたいという欲望に対してあらゆる角度で攻めてくる。

ちなみにはるか昔私もパチスロの必勝法という物買ってしまった。

情報商材の中でも騙し率120%のパチンコ系を買った私のような人間はそうはいないだろうがこれにも完全返金保証がついていた。

15万円程で購入しドキドキしながらパチンコ屋で試してみたのだが当然効果なし。(8万円くらい負けただろうか)

怒り狂って返金しろと電話すると私の打ち方が0.1秒ずれているから効果がない、正確に打っていただかないと返金はできない等ととんでもない言い訳をして返金をしぶり、最後には赤ちゃんでも簡単にできる攻略法を200万で売る、返金分の15万円をひいて185万円に値引きすると優しく言ってきた。

さらにしつこく食い下がるとその筋の人がでてきたので諦めたという苦い経験だった。

こんな酷いぼったくりにはこれからの人生で二度と会う事はないだろうが、善良な皆さんもおいしい話には気を付けて欲しい(こんなのに引っかかるのは私以外にはいないと思うが)

という事で皆さん全額返金保証の商品には注意が必要だよ。(最後のは詐欺なんで気にしないで欲しい)


【関連のある記事】
「だれたく」・「だれてん」etc.に気をつけろ!お金は簡単に稼げない
〇〇〇で取り上げられました!の価値【広報と広告は違う】
口コミはお金で買える!鵜呑みにせずに賢い消費者になろう
儲かるや稼げるという言葉を信じて騙されるのはいいかげんにやめよう

首から下げる除菌剤が使用中止に

遂にというかようやくというか私が思っていたとおり首から下げるタイプの除菌剤が消費者庁から使用中止を呼びかけられた。→首下げ除菌剤でやけど=消費者庁「使用中止を」

今回は中に次亜塩素酸ナトリウムを含む錠剤が入ったタイプで、その錠剤が水分に触れる事により強酸性物質となり、重症の化学やけどを負ったという内容だった。

実はこの首から下げるタイプの除菌剤は結構な数発売されている。おそらく今年のノロウイルスやインフルエンザの流行から各社こぞっての販売になったのだろうと推測する。私の周りでもかなりの数の人がつけており、事実職場に営業が来た事もあった。

昔の記事で書いたように私は数年来の次亜塩素酸水信者なのでこんな物は最初から信用してなかったのだが、周りの人間は中身について調べずに「こんな良い物があったのか」とか「首から下げるだけで病気を防げるなんて便利」とか言って営業の勧めるままたくさん買っていた。

この首から下げる除菌剤は私の知る限り2種類あり、次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)タイプと二酸化塩素タイプに分けられるだろう。

前者の次亜塩素酸ナトリウムタイプが今回騒動を起こしたわけだが、この前者については論外。次亜塩素酸ナトリウムみたいな有害なものを首から下げて除菌などと馬鹿としかいいようがない。まあこんな普通に考えたら分かるような事を分からなかった消費者にも問題があるとは思うが、作った人間も相当の馬鹿だろうな。

次に後者の二酸化塩素タイプなのだが、これに関しては正直難しい。二酸化塩素自体は高い殺菌性を持ちながらも取り扱いや持続性に問題があるため長年用途が限定されていたものだ。

しかしながら、近年二酸化塩素をアルカリ性水溶液に溶存させて安定化させる方法が開発され、これを安定化二酸化塩素と呼び次亜塩素酸水と同じように除菌や消臭に使用されている。もし首から下げるタイプの除菌剤にこの安定化二酸化塩素が使用されているのならそこそこの安全性は担保されているだろうと私は思う。

次に効果に関してだが、前者に除菌や消臭の効果があるとは全く思わない。次亜塩素酸ナトリウムを首から下げるだけでウイルスの殺菌が出来るならそんな商品ははるか昔から販売されているだろうし、化学反応が怖くて私なら絶対につけない。

次に後者についてだが、これは非常に難しい。実際、前者の次亜塩素酸ナトリウムも二酸化塩素も溶液として使うなら除菌消臭効果は高い(次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ下での効果は低いが効果はある)ただ、それを首から下げているだけで効果があるか?と聞かれたらう〜ん・・・分からないと答えるしかない。

独立行政法人国民生活センターに二酸化塩素の据え置きタイプに関する相談が多く入っており、当該法人がそれに関する回答を示しているのでリンクを貼っておくので参考に。→二酸化塩素による除菌をうたった商品−部屋等で使う据置タイプについて−

とまあ色々考察しながら首から下げる除菌剤について書いてみたのだが、大前提を書くのを忘れていた。次亜塩素酸ナトリウムタイプだろうが、二酸化塩素タイプだろうが医薬品じゃないから薬事法に抵触するので首から下げるのは止めた方がいいと思う。

おすすめするのは私が長年使っている次亜塩素酸水をスプレーや加湿器に入れて使用する事(二酸化塩素を加湿器に入れる事をすすめているところも多いが危険性が危惧されているのでやめよう)。二酸化塩素に関してもスプレーで使用するのは効果が高いと思う(二酸化塩素系は効果は高いが値段も少々高い)この二つを除菌・消臭目的で使用するのは非常に有効だと思う。

追記1
安定化二酸化塩素と二酸化塩素を同じように考えていたが、調べてみると全く違う成分のようだ。二酸化塩素の効果が安定化二酸化塩素にあてはまるわけではないらしい。誤った記事を書いて大変申し訳ない。

二酸化塩素と安定化二酸化塩素などは違う成分


追記2
3/27に二酸化塩素系の首から下げるタイプや据え置き型の除菌剤に対して根拠なしという記事がでていた。

このような記事がでると、記事の内容も読まずに詐欺だの偽装だのと騒ぐ人がいるが、それは大きな間違いだ。

二酸化塩素に優れた除菌効果や消臭効果があるのは間違いない(安定化二酸化塩素は知らない)。今回はそれを置くだけや首にかけるだけでその効果が発揮できるのかが問題になったのだ。景表法に定める優良誤認というやつ。

生活空間というのは試験の場所とは違い、空気の流れや部屋の広さ、換気回数、設置場所等によって状況は大きく変わる。効果があるのは間違いないが、それが商品説明や広告ほど正確ではないという事だろう。

ライバル業者も多いだろうから意地汚い業者はそれ見た事かと騒いで自分の商品の優位性をアピールする者もいると思うが、あくまでも優良誤認であって効果が無いわけではないという事を頭に入れておいた方がいいだろう。後々恥をかく事になるかもしれないよ。

まあ私も首から下げるタイプや据え置きタイプには懐疑的なので使う事はないが、液体型の二酸化塩素は間違いなく良い商品だと思うよ。


【関連のある記事】
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
インフルエンザの流行スタート!家庭での簡単な予防対策
熱でも死なない食中毒菌セレウス菌とは?キーワードは芽胞!

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.