日記

時間帯サービス(佐川)、時間指定便(福山)は全く意味がないから気をつけよう

ネットで買い物をした時に希望時間を指定する人は多いだろう。私も受け取りが夜勤明けの日は必ず16〜18時辺りを指定している。しかし、希望時間を指定したにも関わらず、午前中それも私がようやく眠りに入った直後に呼び鈴を連打してきやがる運送会社が2社ある。それが佐川急便福山通運だ・・・

この希望時間を指定するサービス、佐川は時間帯サービス、福山は時間指定便という名称で無償提供している。

佐川HP・・・個人宅のお客さま宛のお荷物を対象にしたサービスです。ご希望の時間帯にお届けいたします。配達時間は、下記の「5つの時間帯」と「6つの時間帯」の2種類をご用意しております。

福山HP・・・お預かりした荷物を、ご希望に合わせてお届けします。曜日・時間(午前10時〜夜間20時)をご指定下さい。

HPにもしっかり記載しているのにどうして守れないの?しかも一度や二度ならまだしも何十回も連続。こいつら間違いなく守る気が全くないのだろう。配達する人にもよるからと言う人もいると思うが、佐川は今まで4回人が変わったが誰一人として守らない・・・。これはもう人がどうこうの問題ではないだろう。

その他にも佐川は荷物を平気で地面に投げる。以前、パソコンをしかも私の目の前で地面に投げた時はさすがに激怒し営業所に電話した事があったのだが、それ以降も度々投げる。一体どういう教育をしたらそんな風になるのだろうか。不思議で仕方がない。

福山もなかなかのもので、さすがに佐川のようにお客様の大事な荷物をポイポイと投げはしないのだが、私の予想の斜め上の事をしてくる。

先日、14〜16時指定で注文していた荷物を福山はいつものように10時に持ってきて、呼び鈴を5回ほど鳴らし私を起こしてくれた。とりあえず荷物を受けて伝票を受け取ると、なんと伝票の時間指定の部分だけをきれいに切り取っていたのだ。まるで子供がテストで悪い点をとった時に親に見られる前に捨てるのと同じような姑息な手段。私は呆れてしまい空いた口が塞がらなかった・・・。

その点、ヤマト運輸や日本郵便(民営化後)は必ず時間を守ってくれる。以前に希望日時を指定していたにも関わらず、私が家を空けてしまった時に再配達を希望するとすぐに持ってきてくれた。私が本当に申し訳なかったと謝ると「いえ、仕事ですから。」と笑顔で荷物を渡してくれた。日本郵便(民営化後)も同じような感じだ。

佐川や福山とヤマトや日本郵便はなぜ同じ運送会社なのにこうも違うのだろうか。ネットショップ運営者向けの運送会社の選び方には佐川が値段が安いからおすすめなどと書かれているが、買う側からしたらそんな事は一切関係ない。

ヤマトや日本郵便は運賃が高いというイメージがあり、現実佐川や福山より高いのだろうが、商品が我々お客の手元に届いた時に売買が成り立つという事を店も分かって欲しい。運賃をケチる為にお客の嫌がる運送会社しか設定していない店は今一度商売というものを考え直して欲しいものだ。

私は同じ商品で同じくらいの金額なら間違いなくヤマトや日本郵便を選択できる店を選ぶ。

クロネコヤマト「感動する企業」の秘密 (PHPビジネス新書)




佐川急便への苦情は→お問い合わせ|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

福山通運への苦情は→お問い合わせ|福山通運

口コミはお金で買える!鵜呑みにせずに賢い消費者になろう

ネット通販や行った事のない飲食店を利用する際、皆さんは何を目安にするだろう。私が一番重視しているのはもちろん目当ての商品や店の口コミだ。

口コミにもたくさんの種類があり、一番分かりやすいのはその店の商品ページにのっているレビュー、その他はインターネットで検索した時に出てくるwebサイトでの評価や知恵袋などの質問サイトがあるだろう。

店の営業ページなど見てもあまり参考にならないのは確かだ。なぜなら売る側は商品を売るための文言しかのせていないからで悪い部分など書けば商品が売れなくなってしまう。だからこそ自分が使う前、食べる前に実際に買った人や食べた人の感想が知りたいというのは当たり前で、間違いなく一番重視する点だと思う。バブルの頃ならクズ商品を掴んだり、食べ物が不味くても大して痛くもなかったが、景気の悪い昨今はできるだけ失敗をしたくないというのが本音だろう。

だが、知恵袋でかなりプッシュされている商品や食べログ(飲食店の口コミサイト)で3.5以上の評価がついている飲食店を使用したり、食べに行った時にあのプッシュやこの評価は一体なんだったのかと思った事はないだろうか。私はありまくりだった。だから口コミの信憑性について本当に少しだけ調べてみたのだが驚くべき事がたくさん出て来た。

東洋経済オンラインの記事→食べログ事件で明るみ、巧妙な“ステマ”の実態
日経の記事→ヤフー知恵袋でもやらせ 飲食店、好意的投稿を依頼

やっぱりなと思った。さらに調べていくと知恵袋のステマ(ステルスマーケティング)の提案書まででてきた。

J-Paymentによるステマ請負 - J-payment社の流出資料

アウトー!

日本人は基本的に右へ倣えが好きな民族なのだが、やはりマーケティングのプロはそういう所を突くんだなと今更ながら思った。そのいい例が↓のジョークだ。

ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。船長は乗客たちに速やかに船から脱出して海に飛び込むように、指示しなければならなかった。船長は、それぞれの外国人乗客にこう言った。
アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄ですよ」
イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」
ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」
イタリア人には「飛び込むと女性にもてますよ」
フランス人には「飛び込まないでください」
日本人には「みんな飛び込んでますよ」

本当によくできたジョークだこと・・・。

それではどうすればこのような偽の口コミを信じない賢い消費者になれるのかだが、総合的に判断しろの一言に尽きるだろう。これは全ての事柄に言える事だが、一つの意見で判断せずに多角的に見て物事を判断する事で対応できる。知恵袋や食べログのステマにしても文章をよく読んでみるとあれっと思う点がたくさんある。勘が鋭い人ならこの時点でこれは業者に頼んでるなと判断するだろう。

私もそれを頭に入れて文章を読んでみるとおかしな点が見えてきた。例えば、書いている内容が非常に似通っている点などだ。業者も仕事だが、1個1個似通っていない文章を作るのは面倒らしい。そういえば少し前のステマ芸能人たちもコピペしたかのような文章で宣伝してたっけ。

その他頼りにできるのは、皆さん自身が信頼している人のレビューとやはり店舗に表示されているレビューだろう。皆さん自身が信頼している人がすすめているものは、赤の他人がすすめているのと比べて間違いなく信憑性が高い。

それと店舗に表示されているレビューだが、楽天やヤフーショッピングは基本的に編集できないようで、その他の個人ショップでも第三者機関が管理しているという説明を載せている所が多いのでやはりそこそこ信用できるのではないだろうか。

全てを疑ってかかればキリがないのだが、私のように口コミを第一に考えている人間を騙す事を商売にしている人間やそれを利用している人間がいると思うと胸糞が悪い。賢い人は皆、ステマの温床になっている質問サイトの情報を全くあてにしていないらしいが、私のような馬鹿な人間は今回調べるまではっきりいって信じていた。本当に情けない。これからは騙されないように賢い消費者になろうと思う。

その後、気になった商品があったので調べていると、そのショップのブログに知恵袋で当社の商品がすすめられました的な記事を見つけたのでそっとサイトを閉じたのは言うまでもない。

この1冊ですべてわかる 広報・PRの基本



【関連のある記事】
〇〇〇で取り上げられました!の価値【広報と広告は違う】
「だれたく」・「だれてん」etc.に気をつけろ!お金は簡単に稼げない
全額返金保証の商品はぼったくりかうさんくさい物が多い
儲かるや稼げるという言葉を信じて騙されるのはいいかげんにやめよう
有名人や専門家は自分が勧めた商品に責任を持て!

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。