日記

〇〇〇で取り上げられました!の価値【広報と広告は違う】

〇〇〇で取り上げられました、有名人の〇〇〇さんからブログで紹介されました、というよく目にする言葉。へ〜この商品はそんなに有名なものなんだと思って買う人も多いだろう。実はこれらの商品の一部(かなりの割合)は取り上げられたという事に大して価値はない。

製造メーカーや小売りの仕事をしている人ならとっくにご存じの話かもしれないが、仕事中に〇〇〇マートや〇〇〇テレビ等のテレビ系広告会社やインターネット雑誌等からひっきりなしに電話がかかってくる。私も時々電話をとるのだが、ブチッと即電話を切るのは失礼にあたると思い、しばらく話を聞く。

御社は〜という商品を作られているのですね、私たち〇〇〇で商品をご紹介させていただけませんか?HP等でも〇〇〇で紹介されたと書けますよ、等と営業をかけてくるのだ。金額的には概ね数万から数十万円だ。高いか安いかはよく分からないが個人的にはあまり意味がないんじゃないかと思い、広報にそのように報告している。

この〇〇〇から取り上げられましたというものには二種類ある。ひとつは広報的なもの、もうひとつは広告的なものだ。タイトルにも書いているが、広報と広告は全く違う。

例えば新聞を例にあげ、簡単に説明すると、広報とは掲載料は基本的に無料で、執筆は記者がする。さらに記者が執筆を行うので情報のコントロールはまず不可能な為、基本的に信頼性は高い。

一方広告は高い掲載料を支払い、掲載して欲しい企業自身が執筆し、情報コントロールも容易で、その企業目線になる為、信頼性などあるはずもない。

大手新聞等は分かりやすく(分かりやすくもないかもしれないが)記事に似せた広告でも広告の隅に(PR)や(企画広告)と書かれている事が多いのでそれで見分けて欲しい。

テレビ系で取り上げられているものに関しては非常に分かりやすい。商品の紹介ばかりをしているようなテレビはまず間違いなく広告でお金さえ払えば紹介してくれる分かりやすい例だ。中には確かに良い商品もあるが取り上げられた事にはなんの意味もない。

有名人からブログ等で紹介されたというものについてだが、これは以前に問題になったステマ(ステルスマーケティング)がかなりの割合で含まれるので要注意。特にア〇ー〇ブログは芸能人に商品紹介させて広告料をもらっているくらいだから真っ黒黒だ。

難しいのは雑誌系。ファッション系等はほぼ広告なのだが、自転車やバイク、ペット等のような趣味系雑誌は広告がほとんどの所もあれば、純粋に編集者が気になって紹介したいから紹介している所もある。少し調べての傾向だが、大手の出版社のものでよく売れている雑誌は広告がメインのようだ。それ以外のマニアックなものや中堅雑誌については編集者が気になるメーカー等に直接電話して無料や少しの料金(数千円程度)で掲載しているらしいのでかなり信頼できる。

広告料の参考なので気になったり載せてみたい雑誌があれば→雑誌広告料金センター

このように調べてみると〇〇〇に取り上げられたという事が大した意味を持たないのがよく分かる。せいぜい分かる事といえば、この商品こんなにテレビや雑誌で取り上げられて凄いお金をかけているんだなという事くらいじゃないかな。皆さんも慣れてくると広告かそうでないかは分かるようになるので注意深く見てみるといい。

個人的には中堅雑誌のガードの固さは信頼に値する。私の友人で犬のペット用品を扱っている社長がいるのだが、どうしても取り上げて欲しい犬雑誌があり、ある程度のお金は払うから取り上げてくれと自分から電話したらしい。返答はNOで理由は編集者が良いと思わなかったかららしい。これには私も笑い転げた。その後で私も飼っている犬をそこに載せてくれないかと写真付きでメールしてみたが返事が帰ってくる事はなかった・・・。

プロが教えるWebマーケティング&集客・販促【完全ガイドブック】―Facebookページ/Twitter/LINE@を活用した新しいWebマーケティングの教科書― (Perfect Guide Book for beginners)




【関連のある記事】
口コミはお金で買える!鵜呑みにせずに賢い消費者になろう
全額返金保証の商品はぼったくりかうさんくさい物が多い
「だれたく」・「だれてん」etc.に気をつけろ!お金は簡単に稼げない
儲かるや稼げるという言葉を信じて騙されるのはいいかげんにやめよう
有名人や専門家は自分が勧めた商品に責任を持て!

いじめは多種多様・・・確実な対応策などありはしない

yahoo!のニュースを見ていたら深刻化するネットいじめ LINE急増…自殺後も「お通夜NOW」という記事を見つけた。

私が子供の頃と違い、今はfacebookやTwitter、LINE等のSNSもいじめを増長しているのかと恐ろしくなった。

私は小学校4年生から6年生の途中まで酷いいじめにあっていた。もう何十年も昔の事だが、今でもその時の事をはっきりと覚えている。

私が通っていたのは3クラスしかない小さな小学校だった。いじめが始まる4年生までは皆仲良く学校生活を送っており、本当に楽しい毎日で、私はクラスメイトの中でも活発なタイプだったので割と人気がある方だった。

空気がおかしくなったのは4年生の時、突然クラスで一番の人気者が全員に序列をつけようと言いはじめた。皆は嫌がったのだが遊びだからと納得させて投票を始め、彼が一番で私が二番に決まった。

それから数日後、悪夢が始まった。その頃私たちの学校では熱帯魚を飼育する事が流行っており、クラスの男子の多数が熱帯魚を飼っていて、より珍しく、より高い魚を飼っている事が一種のステータスのようなものになっていた。

ある日いつもどおり登校すると序列一番の子(ボス)が私の仲の良かった子を殴っていて、その子は鼻血がでて血まみれになっていた。私は急いで殴るのをとめて理由を聞くとボスは「熱帯魚を飼う金を持ってこいと言ったのに持ってこなかったから。」と平気で言った。

私はクラスでそんな事が起こっているのを全く知らなかった。学校が終わってから私がいじめられていた友達に話を聞くと、急にお金を持ってくるように言われて殴られるのが嫌だから親のお金を盗んでいたらしい。それまでに親から盗んだお金は50万円を超えていると聞かされた。

私は彼に、お金も取り返してあげるしもう二度とお金を持っていかなくていいように話をするから心配しなくていいと言ってあげると、彼は大声で泣いた。

次の日の休み時間に私はボスにもうカツアゲをやめて今までに渡されたお金を全部返すように言った。ボスは一瞬戸惑った顔をして、すぐに無表情な顔になり私にこう言った「ええかっこうしいが。」

次の日またいつもどおり登校すると、おかしな事になっていた。私がクラスメイトに挨拶をしても誰一人返してくれないのだ。無視したり、ニヤニヤ笑うだけで誰一人・・・。おかしいなと思いながら自分の席に着くと机の中にゴミや死んだ虫がたくさん入れられていた・・・。その時に初めて私は自分がいじめられている事に気付いた。

私に対するいじめは無視されるだけだった。ひたすら無視されるだけ・・・。まるで何かのタイミングを待っているようで気味が悪かった。ただ、家への帰り道には必ず20mくらい離れてボスの取り巻きの数人が交代で私を見張っていた。

そういう状態が一か月程続いたある日、登校すると黒板に私が毎日ゴキブリを食べていると書かれていた。〇〇は貧乏だから食べる物が無くてご飯の代わりに虫を食べていると。もちろんそんな物を食べるはずは無い。だが、黒板を見て女子達も私を気持ち悪そうに見ていた。

私は勉強もスポーツもそこそこ得意だったが非常に貧乏だった・・・。いじめっ子達は私をいじめる材料をずっと探していたのだ。それで見つけたのが家庭状況だったというわけだ。

それから急激にいじめが激しくなった。貧乏、貧乏、ゴキブリ、ゴキブリとクラス中から言われ、数日後には隣のクラスの子にも広がっていた。それでも私が何も言わなければいつかはこのいじめも終わるだろうと我慢した。貧乏なのは自分のせいではない、自分は何も悪くない、いじめをとめたのも絶対に間違っていないと何度も何度も自分に言い聞かせて我慢した。

いじめは終わらなかった。しかもどんどん酷くなり、今度は暴力が始まった。学校が終わり、家に帰ろうと外に出た瞬間いきなり首を殴られた。振り返るとボスと取り巻きで10人くらいいただろうか。私は近くの空き地に連れていかれ何度も何度も殴られ、謝っても謝っても許してくれなかった。何を謝っていたのかも覚えていない・・・。

それからも暴力は続いた。学校が終わる度、空き地に連れ出され毎日のように殴られた。急に誰かが「ゴキブリを手で殴ったら汚い。」と言い、落ちている木で殴るようになり、それがいつしか木刀に変わった。木刀で強く殴られると皮膚が破れ血が噴き出す。血が噴き出すと皆は虫なのに血が紫じゃないとゲラゲラ笑っていた。

私の父は働かず酒を飲み歩きギャンブルばかりで家に帰らなかったし、母も3つの仕事を掛け持ちしていたので私が家に帰ってもご飯が置かれているだけでほとんど親に会う事はなかった。普通の家庭なら子供が毎日血まみれで家に帰ればすぐにいじめられていると気付くだろう。ただ私の家庭はそうではなかった。それにいじめられているという事実が恥ずかしかったので服が汚れると洗濯場に置いて母にばれないように体育で転んで怪我をしたと紙に書いて置いていた。

先生は当然知っていた。とても優しい人だった。私がいじめられる前から目をかけてくれていて、学級委員にしたり、合唱でも一番前の真ん中に立たせてくれたり、皆の前で私のテストの成績を褒めてくれた。いじめられてからは家に私を呼んでくれて「お前が優秀だから皆がねたんでいるだけだ。もっと頑張って誰にも文句を言わせないようにしろ」と励ましてくれた。私もそんな事では解決しないのは分かっていた。先生もどうすればいいのか分からなかったんだと思う。

それからもずっといじめは続いた。殴られて、殴られて、殴られて・・・。今思い出しても一番辛かったのは私を殴る木刀が折れてしまったのだがボスに買って来いと言われて、私を殴る為の木刀を自分で買いに行かされた事だったかな。

親がいじめに気付いたのは私が5年生の途中くらいだった。いつも通り殴られていたのだが、私の側頭部に当たり私が泡をふいて気絶し、救急車で運ばれた時だった。母にいじめられているのかと聞かれたので私はうんと答えた。けれども貧乏だからという事は一切言わなかった。貧乏になりたくてなっている人はいないからそんな理由でいじめられていると母が知ったらきっと悲しむはずだからと。

母が学のある人ならこの時点でいじめはかなりマシになっていただろう。今思えば、教育委員会に言いにいったり、弁護士に相談するなり方法はいくらでもあっただろうと思う。母が私に言ったのはやられたらやり返せだった。お前が弱いからいじめられる、殴られたら殴り返せと怒られた。私はあ〜もう駄目だ。これからもずっといじめられるんだなと諦めた。

そんな中でも私のたった一つの楽しみは昔から仲の良かった一番最初にいじめられていた友達との電話だった。学校で私と話をすると迷惑をかけるから、家に帰ってから毎日決まった時間に電話して少しだけ話をしていた。学校では誰も私と話してくれないし、家ではいつも一人だったから人と話ができるのが本当にうれしかった。けれどもその時間も私が6年生になった時に無くなってしまった。

私が6年生になってしばらくしてから家に仲の良い友達のお母さんが来た。私がお母さんに言われたのは本当に衝撃的な事だった「○○くん(私)。○○くん(ボス)にいじめられてるんでしょう?」と聞かれたので私は助けてくれるかもしれないと思い、はいと答えた。するとお母さんは「もう二度とうちの子と連絡をとらないで。うちの子までいじめられるから。」と言った・・・。一瞬で目の前が真っ白になった・・・。何も考えられなくてただうなづいた。

その日から私の思考はおかしくなった。人間は汚い・・・醜い・・・腐っている・・・信じたら必ず裏切られる・・・こんな世界は嫌だと毎日考えるようになった。正しい事をしてもこんな目に遭うならあの時いじめをとめなければよかった、見て見ぬふりをしていたら自分がいじめられる事はなかったのにと後悔した。

毎日毎日殴られても体の痛みには慣れた。皮膚が裂けても血が出ても歯が折れても我慢できた。けれども心の痛みだけはどうやっても我慢できなかった。苦しい・・・死にたいと願うようになっていた。

何度か死のうと思い、手首を切ろうとしたり首を吊ろうとした事もあったが怖くてできなかった・・・。その時子供心に毎日これだけ苦しい目に遭っているのに死ぬ事を拒絶する自分の体、心が不思議でたまらなかったな。

死にたいけれど怖くて死ねないを繰り返す日々が1か月くらい続いたある日、私の頭の中に違う思考が現れた。どうして間違っていないボクが死ななければならないんだろう。間違っているのは、汚いのは、醜いのは、腐っているのは向こうなのに!という感情が芽生えた。どうせこのままでは死ぬ事になるし、逃げて、謝って、殴られて、一度もやり返せなくて死ぬのは絶対嫌だと思った。

次の日の音楽の時間だった。授業中に私はボスに殴り掛かった。一撃目は顔を狙って当たらなかった。すぐに当たりやすいだろうと腹を狙って当たった。前かがみになったので髪の毛を掴んで思いっきり膝を入れると歯が飛んで倒れた。それから馬乗りになり何度も何度も顔を殴った。右手の皮膚が裂けて骨が見えてもやめなかった。先生が私をとめるまで殴り続けた。本当にあっけなかった。弱かった。今まで怯えていたのはなんだったんだろうと思った。

ボスはそのまま病院に連れていかれて入院し、ボスの母親が凄い剣幕でやって来て「うちの子が何をしたっていうの?」と私を怒鳴り散らしたので、私はこの2年間の事を全て母親に語ると呆然としていた。ボスの家は両親共に教師だったのでバツが悪かったのか私に処分はなかった。今なら確実にyahoo!のトップページに載っただろう。

次の日からあっけなくいじめは無くなった。それどころか皆が私を称賛し、いじめていたのはボスが怖かったからで本当はやりたくなかったと謝ってきた。私は群がるクラスメイトを見て更に人間は汚い生き物だなと思ったが私の心はすでに壊れていたのだろうか。あれだけ楽しそうに私を殴っていたのに、いじめていたのにと笑ってしまった。

ボスはしばらく入院して帰ってきたが、もう私に絡む事はなかった。私も何も言わなかった。しばらくすると逆に自分が取り巻きにいじめられるようになり、逃げるように隣の学校に転校していった。今度は取り巻きの一人がボスになり、私と仲のよかった友達がまたいじめられるようになったがもう二度と私は助ける事はなかった。

誰かが誰かをいじめて、それが終わればまた違う誰かが誰かをいじめて、自分より弱いもの、自分より劣るものを見つけないと人は生きていけないのだろうか。人はそんなに愚かで弱い生き物なのかと今でもよく考える。

これが私のいじめの経験だ。中学校からは二度といじめに関わる事はなかったが周りでは途切れる事なくいじめの問題があった。社会人になってからもちらほらいじめの光景をみる。人はよほどいじめが好きらしい。まあ社会人になれば自分でなんとかしろと思うが子供時代は本当にきつい。

いじめ問題が難しいのは多種多様だからだと思う。私のいじめの例もひとつのパターンだと思うがそれ以外にもひたすら精神的に痛めつけられたり、最近ならSNSやウェブサイトで晒されたりとどんどん複雑になってきている。私は運よくいじめを克服できたが、多くの人が耐え切れなくなり自ら命を絶っているのが現実だ。

タイトルでも書かせてもらったが、多種多様だからこそ絶対に克服できる方法などありはしない。ただ、私の経験上鍵を握るのは間違いなく大人だろうと思う。子供は大人ほど様々な経験をしていない。いじめられている事を認めたくなくて頭の中が真っ白になり、楽になる事、死ぬ事しか考えられなくなってしまう。だからこそ様々な経験をしている大人の出番なのだ。

文部科学省もいじめに対して様々な指針を出しているがそんなもの全く役に立たない。親がいるのなら親が、親がいないのなら保護者がいつでも自分の子供の事を見ていて、少しでもおかしい事があれば注意深く観察して欲しい。必ず何かのシグナルを出しているはずだから。少しでも早く、少しでも子供たちの心、体が傷つかないうちに・・・。私も自分の子供の様子には常に気をつけている。

私は本当にいじめが憎い。運よく自ら命を絶つ事にはならなかったが爪痕は深く刻み付けられている。人が自分の悪口を言っているのではないかとか自分の事をどう思っているのかが気になって仕方がない。それに今でも人間は汚く、醜く、すぐに裏切ると思う気持ちも変わっていない。こんな事を思っている人間が健常な人間だろうか。私をそうさせたのは人間の醜い部分をたくさん見せてくれたいじめなのは間違いない。

以前、別の記事でも書いたが私は人間はそもそも非常に心の美しい生き物だと思っている。ただ、環境や教育が間違っていれば心はどんどん醜く、汚れていくのだ。いじめられて命を落とす人のほとんどは正義感が強く、優しく、自分より人の事を考えられる美しい心の持ち主なのに、汚れた、醜い、腐った一部の人間に命を奪われる。そんな理不尽を絶対に許してはいけない。

今いじめられて苦しんでいる子供たち。絶対に死ぬな。今は苦しくて地獄のように思えるかもしれないが、生きてさえいればこの地獄が永遠に続く事は絶対にない。絶対にいつか終わる。学生時代なんて人間の一生のうちで本当に僅かな時間だから。頑張れ。

いじめている人間も自分はいじめなんてたいした事ではないと思っているのかもしれないが、いじめられている方は命がけの問題だ。だから自分ももしかしたら命を失うかもしれないと思っていたほうがいい。しかもいじめられた方はいつまでもその事を覚えているからいつ憎しみが再燃するか分からないし、経験上、必ず報いを受ける事になる。

いじめがこの世から無くなる事はないと思うが少しでも減っていけばいいな。

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.