日記

食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)

日本人が食べている食品が危ないという内容の番組を数時間前に見た。

給料はどんどん少なくなっている私だが、家族の健康の事もあるので必ず国産の食品を選ぶようにしている。けれども輸入物の食品は本当に安い。

この前もスーパーに寄った時にブロッコリーとにんにくが急に欲しくなったのだが、ブロッコリーの米産は98円、国産は298円と約3倍。にんにくなんて中国産は38円なのに国産は128円と驚くほどに値段が違う。

日本産でもこのくらいの値段で買えたらなぁと思いながらも外国産の食品に対する不信感が非常に大きいので絶対に買わない。

平成23年度輸入食品監視統計.jpg

上の表は平成23年度の輸入食品監視統計という厚生労働省の資料なのだが、野菜の部分を抜粋している。この表をみるとやっぱり中国、米国からたくさん輸入している事とたくさん違反しているという事が分かるだろう。ちなみに違反とは使ってはいけない添加物が入っていたり、量が多かったり、カビや菌がたくさん付着していたりと多岐に渡る。

ヨーロッパの食品はかなり厳しい基準で輸出されているのだが、アジアや米国のものはやはり信頼性が低い。だから確率は低くても万が一このような違反食品に巡り合ったら嫌なので最初から買わないのだ。

では国産と書いてある食品なら絶対に安心かという点についてだが、これについては私もさきほどまで安心だと思っていた。だが意外な落とし穴があったのだ。

それが原産国表示の50%ルールといわれるものだ。

この原産国表示の50%ルールというのはその名のとおり、食品に50%以上含まれるものだけの原産国を表示すればいいという決まり。これは私も勉強不足で全く知らなかった。

例えば牛と豚の合挽きミンチの場合、牛51%(国産)豚49%(中国産)なら原産国は国産という事になるのだ。私がいつも買い物をしている中国、韓国大好きの某大手スーパーはこのタイプかもしれないと思い気持ち悪くなった。

ミックス野菜などはもっと恐ろしい。例えばキャベツ40%(中国産)、レタス30%(日本産)、パプリカ30%(韓国産)の商品の場合、一番多い中国を原産国にしなければいけないような気がするのだが50%ルールにより原産国自体を表示しなくてもよいらしい。

この原産国表示の50%ルールを以前から知っている人もたくさんいただろうが、知らなかった私には衝撃的だった。原産国を表示していない商品については以前から買わなかったが、ミンチは国産と書いてあるものを安心して買っていたのだから。

さきほど見たテレビではこの原産国表示のおかしい点について東大の名誉教授が答えていたのだが、その方の見解では食品表示法の優先順位としては@安全性・・・アレルギーについてや保存方法等食品の安全性についての記載 A健康増進面・・・カロリーや食塩の量等 Bその食品を選ぶ選択材料・・・好み等の問題 であり原産国表示はこの中のBその食品を選ぶ選択材料(好みの問題)にあたると言っていた。

それを聞いた瞬間、私はこの人は一体何を言っているんだろうと思った。食品を生産している国が全て同じ基準をしっかり守って生産しているのなら確かに中国や韓国が嫌いだから台湾やトルコの物を食べようという好みの問題になるだろう。しかしながら、基準も違うし基準があっても守らない国があるのだから少しでも安全性が高い国の物を選ぶのは当然ではないだろうか。個人的な意見ではこの原産国表示はむしろ@やAにあたるのではと思う。

いやいや中国の日本向けの基準は物凄く厳しいよという人もいるだろう。確かに意外だが中国の日本向けの基準は厳しい。けれども厳しいだけで守らないのだから意味がないのだ。いくら厳しい基準を設定しようがそれを守らなければ設定してないのと同じなのだ。

原産国が好みの問題と言いきるような人が世間で言われる有識者なのだから、我々庶民とは間隔が違う事がよく分かった。好みだけの問題なのだから頑張って中国産や米産、韓国産の食品を食べればいいだろう。

この原産国表示以外にも食品表示法には首をかしげるような点がいくつもあった。TPPに参加すれば、米国等がもっと基準を緩くしろと言ってくるのは目に見えているし今のアメリカ大好き内閣では文句は言えないだろう。

そうなってくると本当に自分の身は自分で守らなければいけなくなってくる。その時の為にも勉強していかなければいけないなと心から思った。


テレビで問題提起をしていた垣田 達哉さんの本↓

わかる食品表示[基礎とQ&A]



ホントは怖い!加工食品の真実―食卓に並ぶ食品、本当に口にして大丈夫? (英和MOOK)




(検査が厳しい宅配野菜)
生協の宅配パルシステム

送料無料の「お試し野菜セット」が980円から!



(関連のある記事)
スーパー等で販売されていた国産米表示のおにぎりや弁当類に中国産米が混入・・・
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
食品偽装表示事件によく出てくる牛脂注入加工肉(インジェクション)について考えてみた
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇

宮崎駿さんも遂に引退か・・・お疲れ様でした

「ルパン三世カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「耳をすませば」「もののけ姫」。次々と新しいアニメ映画がでてきても全く色褪せない名作の数々。宮崎駿さんは間違いなく世界最高のアニメ監督だ。

その宮崎駿さんが長編映画製作から引退するらしい。もう72歳なのでいつ引退してもおかしくないなと思ってはいたのだが、実際引退の二文字を見ると非常に寂しい気持ちになった。

<宮崎駿>長編映画製作から引退へ 「風立ちぬ」が最後の作品に

個人的には「もののけ姫」以降の宮崎アニメには以前の作品ほどの感動を感じなかったが(あくまで個人的な感想)それでも毎回楽しみに鑑賞させてもらった。もうその楽しみが無くなってしまうのかと思うとやはり寂しいな。

どれも素晴らしい作品なので順位をつけるのは非常に難しいが、やはり私が一番好きな作品は「風の谷のナウシカ」だ。若い頃は単純に戦闘シーンや映像の美しさに感動したものだが、歳をとるにつれて、作品に込められた宮崎さんの思い等、細かな部分を楽しめるようになってきた。

映画で「風の谷のナウシカ」の面白さを知り、漫画版を買い、寝る間も惜しんで読んだ頃が懐かしい。漫画版のナウシカは本当に奥が深く、私の悪い頭では何度読んでも理解できなかった。インターネット上にはナウシカを様々な角度から分析して評価している人も多いので時間がある人は調べてみるといい。私はそのように分析できるような優秀な脳も思想も経験も残念ながら持ち合わせていないので素晴らしい作品としかいえないが。

宮崎さんの最後の作品になってしまった「風立ちぬ」では、宮崎さんの思想が左翼的だとインターネットを中心に非難された。私も憲法改正や慰安婦等の発言に失望したひとりなのだが、宮崎さんは元々からそういう思想の方だったので特に驚きはしなかった。

家族での会話の中でその事について妻や子供にどう思うと聞いてみた。妻はいい作品を作る人だけれど、人間的には残念な人だなと言った。子供は私にこう言った「宮崎さんは本当に戦争が嫌なだけなんだよ。私もお父さんが戦争に行って死ぬのは絶対嫌だもん。」

もしかしたら宮崎さんは本当にただ戦争が嫌なだけの人かもしれない。彼の中で反戦こそが一番重要な事であり、それ以外は全て些細な事なのだとしたら彼の行動はある意味間違っていないのかもしれない。個人的にはもっと調べて意見を言ってくれよ、誰よりも影響力のある人なんだからとは思うが。

ただ、そのような思想的な部分も作品には全く関係ない。宮崎駿さんが偉大なアニメ監督だという事も全ての作品が証明している。本当に今まで私たちを楽しませてくれてありがとうございました。お疲れ様でした。

宮崎駿-Wikipedia


【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。