日記

スマはマグロの代用魚(代替魚)になり得るのか?味は申し分なし!

日本人が大好きなマグロ。どれくらい好きかというと、世界中でとれるマグロの約3分の1を日本人が消費しているほどだ。

特に今問題になっているのはクロマグロ。食用魚の最高級品であり、味、価格とも段違いである事から「黒いダイヤ」ともいわれている。このクロマグロの数が激減していっている。

その原因は20〜30kgくらいの未成魚や抱卵魚の乱獲だといわれている。鳥取県境港が行っている巻き網漁はその代表格で、青森県の大間1年分のマグロを巻き網により1日で獲っているといわれるくらいの乱獲ぶりだ。

資源回復に向けて漁業規制の動きや近畿大学による完全養殖などの研究もすすんでいるが、漁業規制に関しては削減率の低さ、完全養殖に関しては価格面の問題もある。そこでマグロに代わる魚はいないものかと様々な研究がすすめられている。

回転寿司でマグロの代用魚としてよく使われているアカマンボウはここでは省かせてもらう。今私が注目しているのはスマという魚だ。

スマ wikipediaより.jpg
wikipediaより

この魚がスマだ。マグロとカツオをたして2で割ったような外見をしている。このスマは他にもヒラガツオやスマガツオ、ヤイトとも呼ばれており、全長は約1m、体重は10kgほどにもなるマグロの仲間である。

私も今までの人生で数回しか食べた事がないのだが、カツオとマグロの中間のような味ですこぶる美味だ。個人的には未成魚のマグロより美味しいと思う。あまり漁獲量が多くない希少な魚の部類に入るので食べた事がないという人も多いだろうと思う。

このスマをマグロの代用魚として使えないかと研究している機関がある。四国の愛媛県にある愛媛大学南予水産研究センターという所だ。このセンターの後藤理恵という准教授が代表者として研究している。

スマは実験魚として利用された歴史が浅いので養殖に関する研究のデータに乏しく現在は試行錯誤を繰り返している最中だが、私が見たテレビ番組では大きめのスマが生簀で元気に飛び跳ねていた。課題は成熟までにかかる2年をどれくらいまで短縮できるかなど盛りだくさんだがなんとか形にして欲しい。

愛媛県はブリの養殖で有名な県だが、ブリの価格は低迷する一方なので同じ生簀で養殖ができる可能性があるスマが養殖のレパートリーに入ればリスクヘッジにもつながると思う。早期の実用化を切に願うが研究予算が驚きの280万円との事なのでもう少し時間がかかるかもしれない。

いつの世も天然物をとる漁師が注目を浴びがちだが、このように天然資源を減らさずになんとかしようとしている養殖漁師が私は好きだ。倫理的な意味では天然物より食べられる為だけに生み出された養殖物を可愛そうに思うが、世界的な人口増加により天然資源が少なくなっていくのは目に見えている。そのような中救世主になるのは間違いなく養殖産業だ。是非とも頑張ってもらいたい。

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)



ウナギの次はマグロが消える (WEDGEセレクション)




【関連のある外部リンク】
マグロ類の完全養殖を目指した基礎研究-えひめ水産イノベーション
スマ-Wikipedia
ウナギの次はマグロが消える-WEDGE8月号特集-WEDGE Infinity
クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点-近畿大学グローバルCOEプログラム
おいしいね!回転寿司で大活躍の偽装魚まとめ-NAVER まとめ

先天的な色覚異常は男性20人に1人、女性500人に1人?

色覚異常という言葉を知っているだろうか。差別的な用語である「色弱」や「色盲」と呼べば私たちのような世代には分かりやすいだろう。

色覚異常にも多くの種類があり、代表的なのが先天赤緑色覚異常というもので厳密には1型色覚(例 緑は区別できるが、赤と灰色が区別しにくい)、2型色覚(例 灰色と緑色との区別がつきにくい)に分かれる。この先天赤緑色覚異常をもつ人が日本人男性の約22人に1人女性の約600人に1人いるようだ。ちなみに白人男性では約12人に1人と言われている。その他の色覚異常も合わせると日本人男性の20人に1人、女性の500人に1人となる。

その色覚異常の子供の2人に1人がその異常に気付かないまま過ごし、その内6人に1人が、進路の断念などのトラブルを経験しているという記事を見た。

私たちが子供の頃はこの色覚異常を発見する為に色覚検査という検査を行っていたのだが、約10年前2003年から中止されていたようだ。中止の理由はこの色覚異常と判断されると周囲の理解不足などから社会的な差別にも繋がりかねない事と例え異常があったとしても生活に支障がない事が多いからという事らしい。

しかしながら、親や本人がその事を知らないまま時が経ち、自分が就きたい職業を決めた時にこの色覚異常が原因で就職できないという事態が多発しているのだ。世の中には色を識別しなければいけない職業が数多くある。特に鉄道や自衛隊などは命に係わるし、カラーリストやインテリアデザイナーにも必須だろう。自分が色覚異常だと知っていたのなら初めからそのような職業に就こうとは思わなかったという人がいるのは当然ではないだろうか。

私の小・中学校の同級生には事故か病気かで右足の膝から下が欠損していた女の子がいたが、いつも明るい子だった。足が無いので体を使った仕事はできないけれど、普通の人以上に頑張って勉強して体を使わない仕事に就きたいと言っていたのを思い出した。

確かに色覚異常だと判別された時はとても辛い思いをするだろう。私も物心がついたくらいの時に先天性の弱視だと言われた時はショックだった。だが知らないまま生活し、職業を決めた時にいきなりその事実を知り就業できなくなったとしたらさらに辛い思いをすると思う。

色覚異常のようなものは、癌などのように告知しない事で患者の生きる力を弱めないようにし、治療が終わり元気になった後で「実は癌だったんだよ」と笑い話にできるようなものではない。確かに社会生活上問題なく過ごせるので、色覚異常も1つの個性だと考える事は間違いではなくむしろ正しいと思う。だからこそ個性の1つとして教えてあげるべきではないかなと個人的には思う。一生付き合っていかなければいけない事なのだから。

精神的に未成熟な小学生くらいだと色覚異常を理解できずにいじめにつながるという意見もあながち間違いではないだろう。だが、まず第一段階の進路分岐点である高校入学の前には教えてあげるべきではないだろうか。皆が普通科にいくわけではなく専門的な科に行きたい子もたくさんいるだろうから。

最近は昔と違い差別というものに非常に敏感になっている。当の本人よりもむしろ周りの人間の方が声を上げている事も多い。私がいつも思うのは差別と区別は違うのではないかという事だ。周りの人間が差別だ差別だと声を荒げて様々な事柄を変えていく事によって本当に良い方向に向かっていっているのだろうか。

石原氏学校用色覚異常検査表



新色覚異常検査表(検出表・程度表) 【大熊篤二 考案】




【関連のある外部リンク】
色覚異常、半数気づかず 検査中止10年、進路断念も|朝日新聞デジタル
色覚の異常

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。