日記

熱でも死なない食中毒菌セレウス菌とは?キーワードは芽胞!

あのニュースで得する人損する人というテレビ番組で放送されていた熱でも死なない食中毒菌セレウス菌について書いてみようと思う。

この世に存在するほとんどのウイルスや細菌は熱やエタノール、塩素などの消毒剤に弱い。しかしながら、一部の細菌やウイルスは熱やウイルスに対する非常に高い防御力を持つ物が存在する。

何故熱や消毒剤に強いのかという疑問が当然出るわけだが、キーワードは芽胞エンベローブという言葉だ。エンベローブは主にノロウイルスやアデノウイルスなどに関連する事であり、食中毒の趣旨とは少々外れる(ノロウイルスは食中毒でもあるが)し、熱に対しては普通の細菌やウイルスよりは強いがそれでも85℃1分以上で始末できる。

よく熱でも死なないとか加熱すると増えるなどといわれている菌は芽胞という物を作りだす種類だ。

以下、芽胞についてWikipediaより引用。

芽胞(がほう、spore)とは、一部の細菌が形づくる、極めて耐久性の高い細胞構造。胞子膜、皮層、芯部からなり、胞子膜の外側に外皮を持つものもある。

引用ここまで。

このように芽胞とは極めて耐久性が高い細胞構造という事だが、どのくらい強いかというと、まず高温に非常に強くなんと100℃1時間でも不活化できず、約2気圧の飽和水蒸気中で121℃15分以上もしくは乾熱処理180℃30分あるいは160℃1時間以上で処理しないと不活化できないのだ。

消毒剤に対する抵抗力も非常に強く、次亜塩素酸系の物かグルタルアルデヒド(医療機関などで使われている非常に強力な消毒剤)以外の物はほとんど効果を期待できない。まさに最強の盾を持つ細菌といっても過言ではない。

では、この芽胞を持つ有名な細菌なのだが、セレウス菌以外でもウェルシュ菌、ボツリヌス菌などが有名所だろう。

日本でのボツリヌス菌の発生は少ないが、もし感染してしまうと重症化する事も少なくない。ちなみにボツリヌス菌の出す毒素1gの殺傷力は約100万人ともいわれている最強最悪の毒素だ。

ウェルシュ菌の発生は実はセレウス菌などよりはるかに多いが、症状が比較的軽い為スルーされる事も多い。テレビではカレーでセレウス菌食中毒になどと言っていたが、形態の非常に似ているウェルシュ菌食中毒の方が多いだろう。

これらの細菌が怖いのは我々の常識である食品は熱を通せば大丈夫が全く通用しない点にある。カレーやシチューなどは熱を通せば何日でも食べられるという常識、沸騰させれば菌は死ぬという常識が食中毒を起こす原因になっているのだろう。

では予防方法だが、セレウス菌、ウェルシュ菌は基本的に同じ。カレーやシチューの作り置きに注意(私も楽をする為によく作り置きをする)もし作り置きする場合には賢い主婦の人は当然やっていると思うのだが、小さく分けてすぐさま冷凍する事だ。これらの菌は40℃から45℃くらいを最も好み一気に増殖する為、この温度帯を避ける事で増殖を防ぐ事ができる。

それから食中毒を防ぐ上での3大原則という物がある。

@つけない!
トイレに行った後、調理の前、食事の前にはしつこいくらいに手を洗う事。肉や魚、野菜などは調理前に必ず丁寧に流水で洗う事。まな板や包丁などの調理器具はその都度しっかり洗浄、除菌する事。

A増やさない!
ほとんどの菌は低温に弱い。少しの時間でも油断せずに10℃以下(出来れば4℃以下)で冷蔵保存する事。

Bやっつける!
しっかり消毒する事。熱消毒の基本は75℃で1分以上だが、ノロウイルスのように85℃で1分以上やセレウス菌などのような熱に強い芽胞を持つ菌はこの限りではないので注意が必要。消毒剤はアルコール剤や次亜塩素酸系が基本になるが、アルコール剤はノロウイルス、芽胞を持つ菌には効果がない。できれば次亜塩素酸系の物を使う事。

この3大原則は必ず守る事。さらに、それぞれの食中毒菌に対して最低限の知識は持っておく事が非常に大事だ。特に主婦は調理を担当している事も多いので家庭を守る上でも予防方法、消毒方法などは知っておいた方がいいだろう。

最後にテレビでは納豆などの発酵食品で食中毒を防げると言っていたが、あまり信頼しすぎない方がいいだろう。確かに食べないより食べた方が腸内環境なども改善するので良いとは思うが、発酵食品を食べれば防げるというはっきりとした根拠はない。あくまで食べないより食べた方が良いくらいに思っておくべきだろう。

消毒剤は次亜塩素酸ナトリウム(家庭用ハイターなど)が基本になるが、次亜塩素酸ナトリウムは金属を錆びさせたり、残留性の高さによる人体への影響が強かったりするので、同じ塩素系の次亜塩素酸水や二酸化塩素剤がおすすめだ。

私は二酸化塩素剤より値段が安い次亜塩素酸水を使っている。台所にスプレーを1つ置いておけば調理器具の除菌が簡単にできるのですぐに習慣になるだろう。

(関連のある記事)
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
インフルエンザの流行スタート!家庭での簡単な予防対策
首から下げる除菌剤が使用中止に

(関連のある外部リンク)
食中毒を起こす微生物|食品衛生の窓

有名人や専門家は自分が勧めた商品に責任を持て!

「僕も使っています!」「私も使っているからおススメ!」こんな商品やサービスを今まで何度見てきた事か・・・。安い商品ならまだ被害は軽微で、もし自分に合わなかったら次から買わなければいいだけだが、金融商品や高額商品・サービスに手を出してしまったらとんでもない目に遭う。

ぺニーオークションのステマ問題などが有名だが、今でも現在進行形で怪しい商品を勧めている有名人や専門家は山ほどいる。皆分かっていると思うが、あの人たちのほとんどはお金さえ貰えれば完全真っ黒な物以外はおすすめするからね。信憑性なんて皆無に等しいから絶対引っ掛からないように。

芸能人ブログなどのステマについては今更説明する必要もないと思うのでここでは書かないが、最近特に酷いと感じるのは投資関係(お金を増やしましょう系)最近では安愚楽牧場の海江田氏を筆頭に経済の専門家が商品を勧めるケースが多い。

直近では「1億円を貯めよう。月5万円の積み立てで。」というキャッチコピーの投資助言会社(この企業はネット上で自社にとって不都合な事を書いているブログを見つけると脅してくるらしく怖いので名前は出さない)が処分勧告を受けた。

少々調べてみると超が着く経済評論家やお金の専門家であるFPがこぞっておすすめしていた。新聞社の処分勧告の記事が発表されてから急いで記事を削除しているしたたか者もいるが、インターネット上に記事を公開するとなかなか消せないという事を分かっていないようだ(キャッシュはしっかり残っている)

ベタベタに褒めておすすめしていたFPがいたので紹介してみよう。非常に長い駄文だったので一部だけ。サイトはさすがに可愛そうだから載せない。

実際、海外投資の案件は、わが国の金融商品取引法のもとでは、「募集」することができないことになっています。「●●●●●●●」は、投資助言・代理業の登録により、海外のファンドについての「助言」するというサービスです。ちょっとしたことのように見えますが、このようなコンプライアンスを遵守していることは、大きな安心感につながることがご理解いただけるかと思います。

コンプライアンスを遵守している???????思いっきり違反してるんだけど・・・。コンプライアンスという言葉の意味を分かっているのか君は?

芸能人が物を勧めているのにはまだ可愛げがある(詐欺は別だが)自分が好きな芸能人が使っている物なら私も使いたいという気持ちは誰にでもあるものだ。私も大好きなギタリストのギターが欲しくて同じ物を買ったりしているから気持ちはよく分かる。

だが、金融商品などのように大損害につながる商品を人に対しておすすめする場合には、何度も何度も問題はないか、この商品は本当に大丈夫かとチェックしなければいけないのは当然だ。もし、自分が書いた記事を信じて商品を購入して失敗、もしくは詐欺に遭い苦悩の内に自殺でもしたら一体どう責任を取るつもりだ。私なら絶対に耐え切れないし、ほとんどの人が私と同じではないだろうか。

投資などは非常に専門性が高いものだ。知識がない、やり方が分からないという人がほとんどだろう。だからこそFPなどの専門家の意見を参考にしている人も多いのだ。お金を貰っているのか何かは知らないが資格や肩書を公表して賢しらに意見を言うな。事件が起こってから記事を消すくらいなら、ちらしの裏にでも書いて一人で眺めるくらいにしておけ。自分の記事に自信があるなら堂々と公開しておけばいいだろう。

有名人や専門家の方々は、影響力を持つ自分が情報を発信する事により、有名人ならファン、専門家なら知識を頼りにしている人が傷ついたり、悲しく辛い思いをしないようによく考えて行動して欲しい。多くの人はあなた方を信用し、信頼しているのだから。

人の心を操作するブラックマーケティング



和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか




(関連のある記事)
儲かるや稼げるという言葉を信じて騙されるのはいいかげんにやめよう
「だれたく」・「だれてん」etc.に気をつけろ!お金は簡単に稼げない
口コミはお金で買える!鵜呑みにせずに賢い消費者になろう
〇〇〇で取り上げられました!の価値【広報と広告は違う】

(関連のある外部リンク)
海江田万里#破綻した安愚楽牧場の和牛預託商法への関与-Wikipedia
アブラハムの行政処分を勧告、無登録で金融商品販売=監視委|REUTERS
アブラハムに業務停止命令6カ月、無登録で金融商品販売=金融庁|REUTERS
金融商品取引法違反の「いつかはゆかし」を推奨した方々 (FP)|吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.