日記

PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」

中国で問題になっており、我々日本人にとてつもない迷惑をかけているPM2.5発がん性がある事をWHO(世界保健機関)がようやく正式に結論付けた。

間違いなく体に悪いという事は私も分かっていた事だが、発表された発がん性のリスクは5段階の危険度の内最も高い分類だった事には驚いた。

さらにWHOの専門機関であるIARC(国際がん研究機関)は大気汚染全体についても人が汚染された空気の中で生活を続ける事で肺がんの発がん性があると結論づけ、「がんによる死亡の主要な環境要因だ」と指摘したようだ。

5段階中最悪の危険度というのはかなりまずい。IARC発がん性リスクの表を見ると、最悪の危険度という事はGroup1(ヒトに対する発癌性が認められる)にあたると思うのだが、この中にはヒ素やアスベスト、六価クロム化合物、ホルムアルデヒドなど、危険物質のオンパレードだ。

こんな危険物質が中国から風に乗ってどんどん日本に飛んできていると思うとゾッとする。彼らは一体どれだけ迷惑をかければ気が済むのか・・・。

これはもはや一刻の猶予も無いのではないだろうか。中国も自分の所で解決できず、他の国に迷惑をかけている状況なのだから秘密保持の問題やプライドを捨てて頼るべきだろう。

日本には中国なんか助ける必要はないという人もいるが(気持ちは非常に分かるが)このように日本も危険にさらされている切迫した状況でそうも言っていられない。

中国共産党の政策や中国を世界の工場にした先進国がこのような最悪の事態を発生させ、悪化している状況で一番辛い思いをしているのはそこに住んでいる中国の人たちだと思う。自分たちの命の危機にも関わらず何故暴動が起きないのか本当に不思議だ(恐らく殺されるからだと思うが)

WHOが正式に公表した以上、各国は解決に向けて動かなければいけなくなるので、できる限り早くこの問題が解決するよう努力してもらいたい。

iarc 発がん性.png

ダイキン(DAIKIN) 加湿空気清浄機「うるおい光クリエール」 バニラホワイト TCK55M-W


【PM2.5対応】【安心の日本製マスク 50枚入(個別包装)】ウイルス対策マスク ※一般財団法人カケンテストセンター(旧:日本化学繊維検査協会)検査済



マスクはしれっと韓国産だったりするので嫌韓の人は要注意。

(関連のある記事)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
スーパー等で販売されていた国産米表示のおにぎりや弁当類に中国産米が混入・・・
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
中国の水汚染は中国だけではなく外国メーカーの責任でもある

(関連のある外部リンク)
WHO PM2.5に発がん性|NHKニュース
粒子状物質
IARC発がん性リスク一覧

ヤマダ電機が家電業界で生き残る為に絶対必要な事

家電業界の盟主ヤマダ電機が苦境に立たされている。10月15日には2013年9月中間期の業績見通しについて大幅な下方修正(売上高は9300億円→8970億円へ減額、営業利益は136億円の黒字→24億円の赤字)を発表せざるをえなくなった。

大多数の人はこの結果を見て、「やっぱりな」、「当たり前」と思っているのではないだろうか。私は黒字を出している頃から、「どうして黒字を出せるのかな」と疑問に思っていた。

エコポイント制度や地上デジタル放送移行後の反動減の影響はもちろんあるとは思うが、それ以上の問題はamazon等のような通販業者との価格競争だろう。

店舗を構えるヤマダ電機が店舗を持たない通販業者と価格競争をすれば、例え売上はあがったとしても採算悪化は避けられない。

ヤマダ電機もそんな簡単な構図は見えているから、住宅メーカーのエス・バイ・エルを買収し住宅と家電をセットで販売する事による囲い込みを画策したり、ベスト電器を買収し仕入価格を下げたりと様々な手をうっている。

だが、私が思うのはそのようなハード面の問題ではないのだ。ハード面はもう十分に肥大化しているので、ある程度戦える武器は揃っているのではないだろうか。ヤマダ電機の最も深刻な問題はソフト面、すなわち人だ

ヤマダ電機の店員の対応は最低最悪と思った人は私だけではないだろう。やる気の無い態度、値段の安い物に関しては勝手にどうぞという感じなのに、高い物になると露骨にペコペコしてくる気持ち悪さ。買うまでは「アフターは通販には負けません」などと言うくせに買った後、壊れて持ってくると嫌々で適当な対応。

本当に酷い。対応の悪さは家電業界最高峰ではないだろうか。

店舗型家電業者が通販型家電業者と戦える唯一といってもいいメリットは対人販売ではないのか。インターネットの検索や機械に詳しい一部の人を除いて、ほとんどの人は家電に詳しくない。私もその内の一人だ。

だからこそ、気持ちの良い対応や詳しい説明、しっかりとしたアフターケアを求めてヤマダ電機へ行くのだが、彼らは期待を裏切らず、気持ちの悪い対応、適当な説明、気分の悪いアフターケアを提供してくれる。店舗型唯一のメリットを更なるデメリットにわざわざ変化させる意図を是非とも聞いてみたいものだ。

その点、amazonや楽天は店員がいない。気持ちの良い対応や詳しい説明はないが、ヤマダ電機の店員の顔を見るくらいなら通販で買った方がいいと思ってしまうくらいだ。

日本人はamazon等がほとんどのシェアを持つ外国と違い、非常に義理堅い性質を持っている。だから、対人販売は大きなメリットになるのだ。対応、説明、アフターケアをしっかり行えば、値段が多少高くてもその店で買う。確かに一部は値段が安ければそれだけでいいという人もいるだろうが、全ての人がそうではない。店舗型家電業者でなければ心配だという人も数多くいるのだ。

店舗型家電業者は利益を削り過ぎてまで価格を最安値に合わせる必要はない。最安値が10万円の物を10万5千円で販売したとしても、その5千円分の付加価値を付けられるチャンスは通販よりはるかに多いのだ。逆に今のヤマダ電機は10万円の物が15万円にも思える程の逆付加価値を付けている事に気付いて欲しい。勝てるわけないだろう。

私が店舗型家電業者の中でここは対応がいいなと思う所はケーズデンキだ。何がいいのか具体的に言えといわれるとなかなか難しいが、まず雰囲気がいい。全てが完璧だとは言えないが、不思議な距離感、割と商品に詳しい、アフターケアもなかなかいいと全てが80点くらいの出来だと思う。

ヤマダ電機はケーズデンキを見習い、さらにその上を目指すべきだ。買収買収でハード面を充実させるよりも従業員一人一人がお客様に気持ち良く買い物をしてもらえるように対応やアフターケア等のソフト面を充実させる方がよほど効果が期待できるだろう。

規模だけは日本一のヤマダ電機がサービスも日本一になった時、心配しなくても客はヤマダ電機を選ぶと思う。その代り、それができなければヤマダ電機は確実に滅びへの道を辿るだろう。

家電 アフターケア満足度 2011.png
日経ビジネス2011年アフターケア満足度アンケート


※店員の対応に関しては地域差や店舗差が存在し、私の感想は私の近くの地域を参考にしているので、当然、地域や店舗によってはヤマダ電機の対応が良くて、ケーズデンキの対応が悪い場合もあると思うがそこはご容赦願いたい。

ヤマダ電機に負けない「弱者の戦い方」―セブンとアトム、ヤマグチに学ぶNo.1企業との共存の法則



「がんばらない」経営 不況下でも増収増益を続けるケーズデンキの秘密




(関連のある外部リンク)
業界の盟主ヤマダ電機、中間決算で赤字転落へ|東洋経済オンライン
ヤマダ電機、エス・バイ・エルへの苛立ち|東洋経済オンライン

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。