日記

パチンコ業界の意味不明なCMについて考えてみた

最近のテレビ番組は、気になる場面になると煽って煽って→CMという流ればかりで非常にイライラする。

さらに私をイライラさせるのは、そこにパチンコ業界がCMを入れてくる事だ。

そもそもパチンコは、三店方式という小賢しいマネをして建前上はギャンブルではないと主張しているが、事実上は賭博行為そのものであり、パチンコ業界にOBが多数天下りしている警察などが黙認してから存在できているようなものだ。

パチンコというものは本当に恐ろしい・・・。「パチンコは需要があるから存在するのであって、嫌なら行かなければいいだけだ。借金までしてパチンコをし、自殺するのはそいつが馬鹿だからだ。」という意見もある。

確かに自己責任なのは間違いないのだが、これには少なからずギャンブル依存症という問題が関係しているのだ。

ギャンブル依存症というのは、ギャンブルをしたいという衝動を制御することができなくなり、借金等の社会生活上の問題が生じているにも関わらずやめる事ができなくなる等の症状を呈する精神疾患の事だ。

大事な事なのでもう一度書くが、精神疾患、つまり本当の病気なのだ。

普通の人からしたら、毎日仕事もせずに朝早くから店の前で並んでいるのだから、本当にパチンコが楽しいんだろうなと思うかもしれない。

しかし、実際には「やめなければ」という思いや借金に対するプレッシャー等の苦しさを感じつつギャンブルをしている場合がほとんどで、不快な感情やストレスから逃れようとしてギャンブルをした結果、苦しさを味わい、さらにストレスを感じてギャンブルに走る「負のスパイラル」に陥ると心理カウンセラーは指摘している。

このギャンブル依存症によって、一体何人の人が人生を狂わし、家庭を崩壊させ、犯罪に走り、自ら命を絶っていったのか・・・。

日本のパチンコ店の約9割は在日朝鮮人(出自)が経営しているらしいが、本国の韓国では2006年にパチンコが庶民の生活と経済に深刻な被害をもたらした事(パチンコ依存症により勤労意欲を失い、経済的に破たんしていく人が続出した)を理由に全廃している。

私は韓国が大嫌いではあるが、この決断だけは素直に素晴らしいと思う。ただし、自国では禁止したにも関わらず、日本に対してはもっとパチンコ振興に関心を持つようにと大統領自身が促してくるカスっぷりは健在だ。

自分の国で依存症が増えては困るが、日本では在日朝鮮人が儲かるようにもっと依存症を増やせといったところだろう。

ここまでは、パチンコがいかに日本にとって不必要な存在かという事を書かせてもらった。

パチンコをした事がない人にも十分に危険性を分かってもらえたと思う。

それでは本題のパチンコ業界のCMについて書かせてもらおう。

実はパチンコのCMというのはずっと昔から流されている。しかし、射幸心を煽る事に対して問題提起されたり、災害時に娯楽のCMを流すのはいかがなものか等の声もあり、自粛されていた期間もある。

最近のCMの傾向は、私たちはこんなに社会にとって良い事をしてるんですよアピールや、オリンピックに協力しています等、一見するとパチンコとは全く関係なさそうな内容ばかりだ。

確かに、パチンコについて知っている人には会社名を見ただけで分かると思うが、パチンコを知らない人にとっては、この会社は一体何の会社なのだろうと思う内容ではないだろうか。

そこに私は疑問が生じた。こんな意味のないCMを流す意図が分からない・・・。売上につながりそうなものでもないし、パチンコ自体を隠そうとしているようにも思える。

電通、博報堂といった大手広告代理店がパチンコ業界を積極的にクライアントとして取り込み始めたから。

店も客の入りが減ってきたのでは、そこでCMを出して、客を呼び戻すためではないでしょうか。

新聞をとらない家庭も増えていますし、折込広告の分がまわっていっている。

今までの大衆ギャンブルの象徴というイメージを払拭すると共に、絶対的な人気が低下傾向にある今、業界が改革を狙っているのでは。


様々な意見があり、どれも正しいとは思うが、私はこれらの意見プラス口止め的な意味でのCMを想像した。

そもそも、パチンコ業界など叩けばいくらでもほこりがでるグレー業界なのに、パチンコに対して否定的な報道をするテレビ局がほとんど存在しない。普通に考えておかしい事ではないだろうか。

その理由のひとつにパチンコ業界からの多額のスポンサー料があるのではないかと私は想像する。

インターネットが隆盛を極め、テレビや新聞から情報を得る事が少なくなってきた昨今、テレビ局もスポンサー集めに窮している状況でどこも苦しい。そのような中、パチンコ業界を叩くような内容の報道をすればパチンコ業界という大口のお客様を失う事になるだろう。

イメージの悪くなる否定的な報道はやめて欲しいパチンコ業界と是が非でもスポンサー料が貰いたいマスコミ関係・・・利害が一致した素敵な関係だ。

より多くの利益が欲しいのは理解できるが、報道機関は公正、公平、中立を旨として、国民の利益に適う報道をしなければならない筈だ。現状、国民の利益に適う報道をしているマスコミはあまりにも少ない。

政治家たちも、国民を精神疾患に陥らせている大きな原因であるパチンコをいつまで存在させているつもりだろう。

2008年の調査で、カジノのあるアメリカのギャンブル依存症患者は成人男性の0.6%、マカオは1.78%に対して日本人は9.6%・・・。成人人口から計算したら約480万人がギャンブル依存症の状態だという。

もはや一刻の猶予も無い状態だ。叩こうと思えばいくらでも叩く要素なんてあるのではないか。換金時の古物商の身元確認義務などを厳格にするなりすれば三店方式なんてすぐに崩す事ができるはずだ。

政治家も警察もマスコミも、本来は国民の為に仕事をしなければならない存在なのだから、いい加減私腹を肥やす事ばかりするのはやめて、やらなければならない事をやって欲しい。どうせあの世にお金は持っていけないのだから、お金よりパチンコを全廃させたという名誉の方がよっぽど素晴らしいものだと思うよ。

パチンコ「30兆円の闇」―もうこれで騙されない



私、パチンコ中毒から復帰しました (中公新書ラクレ)



パチンコはこうすれば止められる! ──元パチンコ店長が教える「脱パチンコ」実践編




(関連のある記事)
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番

(関連のある外部リンク)
ギャンブル依存症-Wikipedia

日用品が防災グッズに早変わり?キーワードは充電!

防災グッズと聞けば、食料品、トイレ、ヘルメット等、様々だが、実際に災害に遭った時に使用する物であり、日頃は押入れの中で眠っているイメージではないだろうか?

だが、最近の地震や台風等の自然災害への関心の高まりから、消費者の防災グッズを見る目も厳しくなり、メーカーも力を入れて面白い製品を開発している。

その中でも私を最も惹きつけたのがこれだ。

充電式LED電球.jpg

日常では普通に電球として使い、非常時には取り外して懐中電灯として使える充電式LED電球

この商品をはじめに知ったのは早朝のテレビで紹介されていた時だったが、これは面白いと思い、30分後には購入していた。

もちろん充電式LED電球も様々な種類があり、安い商品から高い商品までピンキリだが、私が買ったのはその中でも安い方で1個1000円くらいだった。

充電式だからと何か特別な事をするわけでもなく、電球として使っているだけで勝手に充電されるので普通の電球と全く変わらない。むしろ、LED電球なので電気代が安くなったり(うちは元々オールLEDなので関係ないが)取り替えが少なくなる(寿命は40000時間らしい)メリットまである。

外してからどれくらいの時間使えるかだが、説明には連続約5時間とあったので、電気代が少々勿体無いが実際試してみると4時間経過時にはまだ点いていたので概ね5時間で合っているだろう。

今まで、ダサい防災ヘルメットやポータブルトイレ等、必要ではあるが日常に全く使えない物ばかり集めていた私には、このように日常で使える防災グッズが衝撃的だった。

このブログを見ている人なら、所得面で私がピラミッドの底辺側にいる人間だと知っていると思うが、もう一つあまり悩まずに買った物がある。

パナソニック ハイブリット MC-HS700G.jpg




これは近年私が買った中でも最高クラスの金額だった。数か月は1日2食の生活を続けなければならないと思っているほどだ。なんせ8万オーバーだからね(もう下がり始めているかもしれないが・・・)。普通の掃除機の値段じゃないよ。

Panasonicには悪いが、私は掃除機の性能の事は分からないのでこれが最高と言ってあげる事はできないが、まあ色々機能はついている。今まで3000円の掃除機を使っていた私なのでそれは別にどうでもいい。

私がこの掃除機を買った理由は一つだけ。

蓄電池.jpg

この蓄電池・・・本当にそれだけなんだ。すまんPanasonic。

今の個性を失ったPanasonicが世界に誇れる数少ない技術の1つがこの蓄電池なのだが、この掃除機には新開発のハイパワーリチウムイオン電池が搭載されている。

この蓄電池がもたらしたのは2つ。1つは短時間ならコードレス状態で掃除ができる事。だが本当に短時間で驚きの20分弱!まあ20分あればそこそこ掃除できるから問題はないが、電気というものは本当に溜めるのが難しいんだな。

そしてもう一つがUSBポートだ。非常時にはここにUSBを差して充電できる。電話なら約60時間くらい通話できるくらいらしい。コードレスはどうでもいいがこれが欲しいが為に大枚をはたいて私はこれを買った。

うちのようなオール電化の家は電気が絶たれると全く機能しなくなるので、こんな少しの電気でも欲しい。

家電等は日進月歩だから、来年、再来年後にはより安く、より多くの充電ができる製品が発売されるのは間違いない。

ただ、災害はいつ来るのかは予測できないので消耗のタイミングが合えば検討してみるといいだろう。

これらの商品のように、非常時以外でも日頃から使用できる物は需要があるので、これからもたくさん出てくると思うので、注目していきたい。


(関連のある外部リンク)
サイクロン式掃除機 MC-HS700G 商品特長 | 掃除機 | Panasonic

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。