家計を握るおっさんのブログTOP ≫  日記 ≫  中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇

中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇

昨日、偶然見かけたAFPのある記事を見て非常に恐ろしい気持ちになった。

【ペットの病気や死亡が3600例、中国産ジャーキーを調査】この記事名を見ただけで、ペットを飼っている人なら読まずにはいられなくなるだろう。

AFPによると、主に中国から輸入したペット用のおやつ(ジャーキー)を食べた飼い犬や飼い猫が、病気になったり死亡したりする例が米国で相次いでおり、FDA(米食品医薬品局)が調査に乗り出したとの事だ。

2007年以降、このジャーキーを食べた事によって病気になった可能性がある例は3610例(うち猫は10例)でその内約580例が死に至ったらしい。3610例中580例・・・酷い数字だ。

現段階ではペットフードと病気の因果関係は明らかになっていないが、ジャーキーの原材料は鶏やカモの肉やサツマイモ、ドライフルーツなどであり、ほとんどを中国から輸入していたので関係がある事は間違いないと考えられているようだ。

「我々は今までにこれほど複雑で奇怪な病状は見たことがない」

FDA獣医学センター所長が発したこの言葉も不気味さを際立たせている・・・。

実は中国産のペットフードが原因と考えられるペットの死亡事件は今回が初めてではない。ペットを飼っている人の中には知っている人もいると思うが、2007年に少なくとも1950匹の猫と2200匹の犬を含む8500匹のペットが死亡したという大事件が起こっている。

この時の原因は、中国の業者がタンパク質含有量を多く見せかけてごまかす為に混ぜた化学物質メラミンおよびシアヌル酸と考えられている。同じような悲劇が再び繰り返されたという事だ。

現在、米国法の下では原材料の原産地の申告は製造業者に義務付けられていない。私の記憶が確かならば、日本のペットフード安全法でも最終加工国が原産国として表示されているだけだったと思う。ペットフード安全法についての記憶は曖昧だが、人間が食べる物ですら原材料の原産地申告をしていない所が多いので間違いは無いと思う。

本当に安心安全なキャットフードとは

犬の飼い主さんが勘違いしやすいこと。U(「国産は安全」で、勘違いしやすいこと)

このように原材料申告義務がない事から中国産を避ける事が非常に難しいのが現状ではないだろうか。危険な材料を確実に避けるなら手作りのペットフードを食べさせるのが一番ではあるが、なかなかそれも難しい。やはり人間の食品と同様に、値段が安い物には理由があると注意して購入するのが現実的だろう。

これらの問題の根底に中国の拝金主義があるのか、それとも犬や猫等のペットを軽視する意識があるのかは分からないし知りたくもないが、たくさんの物言わぬペットを死に追いやった事に激しい憤りと怒りを感じた。

(国産ペットフード)
犬猫自然食本舗


(関連のある記事)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
スーパー等で販売されていた国産米表示のおにぎりや弁当類に中国産米が混入・・・
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
中国の水汚染は中国だけではなく外国メーカーの責任でもある

(関連のある外部リンク)
ペットの病気や死亡が3600例、中国産ジャーキーを調査 米国|AFPBB
2007年のペットフード大量リコール事件|Wikipedia
チャイナフリーのキャットフードを選ぶなら
| 日記 |

【注目記事】

悪質な詐欺ネットショップを避ける方法
韓国産のロイヤルカナンは日本には必要ない
中国産ペットフードで犬や猫が大量死・・・再び起こった悲劇
ノロウイルスの除菌と次亜塩素酸水の選び方
韓国との付き合い方は無視・無関心が一番
カフェイン過敏症とうつの症状は似ている
オリックス生命の新商品「新キュア」は医療保険の完成形か
食品表示法の原産国表示に気をつけよう(50%ルールの恐怖)
イオン等の偽装米事件を受けて外国産食品や韓国産ビールについて調べてみた
PM2.5に肺がんの発がん性有り!WHOがようやく公表「がんによる死亡の主要な環境要因」
本当に安心安全な野菜・・・ネオニコチノイドとポストハーベストとは?
コンタクトレンズは怖い!不精や無知は失明につながる可能性も
Copyright (C) 家計を握るおっさんのブログ. All Rights Reserved.